さがみはら緑区版 掲載号:2017年3月16日号

昔の津久井を絵はがきで 文化

鈴木重光氏の巡回展

開催されている博物館での巡回展
開催されている博物館での巡回展

 郷土史家・故鈴木重光氏(1887年〜1967年)の絵はがきコレクション巡回展が、3月19日(日)まで市立博物館で、3月25日(土)から4月23日(日)まで尾崎咢堂記念館で開催されている。

 旧内郷村(現若柳・寸沢嵐)の郷土史家・鈴木重光氏は、民俗学の分野でも活躍。1918年に日本民俗学の創始者柳田國男らによって内郷村で行われた、日本初の本格的民俗調査に地元で対応した一人。生涯にわたり、各種資料を収集。その膨大な資料は明治から昭和を知る貴重なものとなっている。

 今回はそうした中で津久井郷土資料室に保管されていた1万2千枚の絵はがきの中から、山や川、人々、鉄道、寺社などの風景、現在の写真と比較した「今・昔」など、津久井地域のものが、主に展示される予定になっている。観覧無料。問い合わせは、市立博物館【電話】042・750・8030。
 

与瀬駅(現相模湖駅)周辺を撮影した絵はがき
与瀬駅(現相模湖駅)周辺を撮影した絵はがき

関連記事powered by weblio


さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/