さがみはら緑区版 掲載号:2017年3月16日号

三井日曜市実行委員会の実行委員長として地域発展に貢献する

高麗(こま) 義廣(よしひろ)さん

三井在住 81歳

三井の素晴しさを後世に

 ○…「三井で採れた新鮮な野菜を多くの人に食べてもらいたい」との思いから、毎月第2・4日曜日の午前9時から正午まで、三井神社周辺で開催する「三井日曜市」の責任者として市を取りまとめる。7年前、家庭菜園を行っていた5人で始めたこの朝市。今では朝採れ野菜を販売する5店と衣服・子ども用品の2店が出店。口コミで評判が広がり、地域を代表する朝市に成長した。「これからの季節は大根、ホウレンソウ等がお勧めです。三井の野菜を気に入り毎回、都内から楽しみに来られる方もいるのですよ」と笑顔で話す。

 ○…実行委員会は5人の役員で形成。役員の内3人は定年まで教職や要約筆記等活躍した女性だ。彼女らを中心に、実行委員会が主体となり乳幼児の親子を対象にした「三井っ子くらぶ」、小学生を対象にした「寺小屋三井」等を主催する。「約300弱世帯の三井地区ですが、世代を超えた交流も多く、子育ても地域ぐるみで行っているのですよ」

 ○…1955年まで三井地区とともに三沢村を形成した中沢地区の出身。三井には26年前に引っ越してきた。同じ村であったため小さい頃からの知り合いも多く、定年後は、年末に大規模なライトアップをする「三井クリスマス会」、地元の健康増進に一役買う「三井グラウンドゴルフクラブ」等の組織を立ち上げ、地域活動に積極的に関わってきた。「三井は湖や森林などの豊かな自然をはじめ、何よりも住民が温かく、地域のまとまりがある本当に住みやすい地域です」と熱い地元への思いを語る。

 ○…3月25日、26日には「三井みんなの作品展」を開催する。住民全員参加と歴史伝承を目的に開催されてきた作品展も今回で7回目。今年も地元住民が制作した様々な作品や写真が展示、昔の三井のビデオ上映なども予定される。「我々世代が地域を盛り上げ、若い世代に良い文化、歴史を引き継いでいきたいですね」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

小布施(おぶせ) 実穂子さん

橋本公民館で開いている無料学習塾「相模原みのり塾」の代表を務める

小布施(おぶせ) 実穂子さん

3月23日号

石井 トシ子さん

ソレイユさがみの指定管理者「NPO法人 男女共同参画さがみはら(サーラ)」の代表理事を務める

石井 トシ子さん

3月2日号

松橋 利光さん

「生き物カメラマン」として、活動20年を記念し出版した写真集を市内小中学校などへ寄贈した

松橋 利光さん

2月23日号

熊谷 達男さん

「小松・城北」里山をまもる会の事務局として奔走する

熊谷 達男さん

2月16日号

中谷(なかたに) 潤人(じゅんと)さん

プロボクシングのフライ級で全日本新人王に輝いた

中谷(なかたに) 潤人(じゅんと)さん

2月9日号

山崎 和彦さん

相模原西リトルシニアの会長として数多くの有望選手を育ててきた

山崎 和彦さん

2月2日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/