さがみはら緑区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市

待機児童 3年連続ゼロ 教育

保育需要増で申込は最多

 市は4月25日、認可保育所などへの入所要件を満たしながらも入所できない状態にある「待機児童」について、4月1日時点で0人だったと発表した。市内での待機児童ゼロは3年連続。一方で、保留児童の受け皿の確保や、保育所の増加による保育士の確保などの課題は依然として残されている。

 市内における就学前の児童数は、少子化により2012年から年々減少している。一方で、女性の社会進出による共働き世帯の増加、保育所定員増による利用への期待感の高まりなどから、保育所などへの利用申込者数は毎年増加。今年は前年比351人増の12402人、利用申請率は就学前児童全体の36・65%となり、3人に1人以上が保育所などの利用を希望していることとなった。

 こうした中、市では保育を必要とする児童の受入れ枠確保に向け、国の定めた基準に基づいて設置される「認可保育所」や、0〜2歳児を対象とした小規模保育事業などの整備に引き続き注力。とりわけ、淵野辺や古淵など横浜線沿いの地域や相模大野周辺、二本松や相原など保育需要の高い地域を中心に整備。保育専門相談員である「すくすく保育アテンダント」によるきめ細かいサービスも継続して行った結果、15年以来続けての待機児童ゼロとなった。3年連続ゼロは県下の政令市では唯一。

 一方で、特定の保育所への入所を希望している場合や、保護者が産休・育休中の場合など、待機児童から除外される「保留児童」(隠れ待機児童)は昨年に比べ14人減ったものの、依然として432人が保育所の空きを求めている状態にある。市こども・若者政策課によると、この保留児童432人のうち1歳の申込みが234人で全体の54%と最も高く、0歳と2歳も含めた児童の割合は87・7%を占めているという。市ではこうした乳幼児の受け皿の確保を行うため小規模保育事業の開設などにより定員増を図っているが、対象児童のその後の受け皿確保を含む将来を見越した整備も求められている。

 このほか、近年の保育所増加による保育士の確保も重要な課題となる。資格を持ちながらも、相模原よりも待遇面の良い横浜市や東京都内などへと流れてしまう現状にあり、市では引き続き、保育士の処遇向上や、相談会などによる就職支援などに注力することで人材確保を図っていく構え。

 今回市が行った待機児童に関する集計は「保留児童」の実態を把握するために国が3月末に示した新定義ではなく、従来の定義を適用したもの。新定義では、「保護者に復職の意思がある場合は育児休業中でも待機児童に含める」としているが、保護者への意向確認が取れない場合、例外的に旧定義での集計を認めていた。

 今回の集計で「保留児童」に数えられている産休・育休取得中の保護者は26人おり、仮にこの中で復職希望が確認されると、新定義では待機児童に含まれる可能性もある。同課では、「新定義の適用により何人が待機児童に含まれるかを現段階で答えるのは難しい。ただ、引き続き待機児童ゼロに向けた取り組みを推し進めていきたい」と話している。

関連記事powered by weblio


さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

全力で掴んだ1部残留

ノジマステラ神奈川相模原

全力で掴んだ1部残留

10月12日号

施設利用、有料に

市立公民館

施設利用、有料に

10月12日号

両区とも3氏が出馬予定

衆院選神奈川14・16区

両区とも3氏が出馬予定

10月5日号

鳥獣被害対策に空撮導入

02年以来 市内で地区大会

国際ロータリー2780地区

02年以来 市内で地区大会

9月28日号

開館60周年で企画展

尾崎咢堂記念館

開館60周年で企画展

9月28日号

さがみはら緑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク