さがみはら緑区版 掲載号:2017年5月18日号

7月30日まで

公文書で戦中から戦後を見る 教育

 相模原市立公文書館第9回企画展「公文書から見る戦中から戦後への変化(暮らし・制度)」が今日5月18日(木)から7月30日(日)まで、相模原市立公文書館(城山総合事務所第2別館3階)で開催される。開催時間は午前8時45分から午後5時まで。

 1945年8月15日を境に戦中から戦後となり、新しい憲法や6・3制、選挙制度、学童疎開、食糧難など、多くの分野で人々の暮らしや制度が変わっていった。これらに関する、相模原市に保存されている公文書や、国・県の公文書の写しなどが期間中は展示され、戦中から戦後への暮らしの中の様々な変遷を見ることができる。

 問合せや詳細は、相模原市立公文書館【電話】042・783・8053へ。月曜日(7月17日は除く)、7月18日(火)、および第3水曜日は休館。

関連記事powered by weblio


さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/