さがみはら緑区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

第39回日本書展で文部科学大臣奨励賞を受賞した 藤井 蘭秀(らんしゅう)さん(本名 万由美) 鳥屋在住 64歳

書で自己の世界観を表現

 ○…10月17日から22日まで、東京都美術館で開催される「第39回日本書展」で、文部科学大臣奨励賞を受賞した。天皇陛下の”おことば”や”ご親書”を祐筆する佐伯司朗氏が代表を務める現代書道研究所が主催する書展は、「現代の書壇に新鮮な魂を」と願い、全国規模で行われる書展。過去には同展で、都知事賞や毎日新聞社賞を受賞したことがあったが、約500人が出展した今回の書展で、念願の最高の賞を勝ち取った。「受賞を聞いた時は嬉しくて家中を歩き回りました。今後は受賞者として責任ある行動をとっていきたい」と喜びを表す。

 ○…「個々の字体だけでなく、全体の中心線がずれず、文字の間隔を揃えることに苦心しました」と説明する受賞作品は『賢愚経 第五十八〜六十番』。制作に約半年かかったという書は、70×270cmの大きな3つの用紙に、約2500文字からなる中国の古典を書いた大作だ。「今回の作品に取り組んだことで、集中力、忍耐力が増しました。書き上げた時の達成感は充実したものがありました」と振り返る。

 ○…長野県出身。書家であった父の影響で、小学校3年生から書を習いはじめた。結婚後に本格的な書の世界へ入り、20年前からは現代書道研究所の門下になり、今では地元で書道教室を開き、子どもから高齢者まで幅広い年代の生徒30人の指導にあたっている。「文字を書くことにより自分に自信がついてきます。文字を書く機会が減っている今だからこそ、書を大切にして欲しいですね」

 ○…夫と2人暮らし。「夫には書に対する取り組みに様々な方面で理解、協力をしてもらっています」と感謝する。現在はイベントのポスター、商品の看板やロゴ、卒業証書など地元を中心に書の依頼は絶え間ないという。「地元の人には本当に良くして頂いています。津久井に書を通して少しでも貢献できるよう活動していきたい」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

倉原 佳子(よしこ)さん

12月15日に杜のホールはしもとで行われるチャリティコンサートに出演するオペラ歌手の

倉原 佳子(よしこ)さん

12月14日号

小野 王海(たかみ)さん

第5回「いのちの授業」大賞で県知事賞を受賞した

小野 王海(たかみ)さん

12月7日号

三塚 康雄 さん

公益財団法人相模原市体育協会の会長にこのほど就任した

三塚 康雄 さん

11月30日号

八木 繁雄さん

今年、設立20周年を迎えた公益社団法人相模原市防災協会の理事長を務める

八木 繁雄さん

11月23日号

前田 誠一さん

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める

前田 誠一さん

11月16日号

佐藤 貴浩さん

つくい湖湖上祭実行委員長として冬の一大イベントを盛り上げる

佐藤 貴浩さん

11月9日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク