さがみはら緑区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

「事故と詐欺に気をつけて」 高齢者に合同キャンペーン

社会

相模原赤十字病院でも交通安全を呼び掛けた
相模原赤十字病院でも交通安全を呼び掛けた

 市と相模原北警察署(八木秀夫署長)、津久井警察署(小林仁司署長)、相模原北交通安全協会(井草照夫会長)、津久井交通安全協会(平栗文夫会長)、津久井被害者支援ネットワーク(諸角光雄会長)は11月27日、高齢者に振込詐欺と交通事故防止を訴える合同キャンペーンを、相模原赤十字病院(八十川要平院長)と相模原協同病院(高野靖悟病院長)で実施した。

 当日は『シマッタで踏むブレーキ、もう遅い!』『安全はゆずりあいの心から』『電話で、お金を貸して・・息子はサギかも!』『金かして…は振り込めサギの サインです』などの標語が書かれたシールを貼った240個のティッシュボックスを用意。午前9時30分から相模原赤十字病院で、11時から相模原協同病院で、各々に来院した高齢者に「気をつけて運転してください」と呼びかけながら配布した。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク