町田版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

”24時間365日の救急体制”の地域密着型病院で働くということ 南町田病院 「地域に安心を与えたい」 看護師3人に話を聞いた

左から岸田主任、五十嵐さん、都築師長
左から岸田主任、五十嵐さん、都築師長
 地域に根ざした良質な医療を提供する病院として知られる『南町田病院』(町田市鶴間4の4の1・岩原信一郎院長)は、年間約4000台の救急搬送を受け入れ、24時間365日の救急体制を構築、最先端の医療機器や電子カルテを導入し、効率の良い業務体制を整えている。そんな同病院と地域の人々をつなぐ「顔」となる看護師たち。「地域の人たちに安心を与えたい」という熱い思いを持つ3人の看護師に話を聞いた。

 開院して10年以上がたつ南町田病院は、地域の人々とのふれあいを大切にし、健康セミナー、定期演奏会、コミュニティ祭りなどのイベントを定期的に開催。地域密着型の病院として、近隣住民をはじめ多くの人たちに親しまれている。

 そんな同院の大きな特徴の一つが24時間365日の救急患者受入れ体制。この救急外来(ER)としての役割は、何かあったときに頼れる存在として地域住民に大きな安心感を与えている。運ばれてきた患者を生命の危機から救い、状態を落ち着かせるため、医師や患者との連携役を含め、さまざまな状況にスピーディーに対応する看護師たち。特別な状況であっても、落ち着いてスムーズに進めるためには特別な技術が必要だ。

「現場は明るく抜群のチームワークが特徴」

 今回話を聞いた都築なぎさ師長、岸田由香主任、その仕事ぶりを評価され感謝状を受けた五十嵐陽子さんは知識と経験が豊富で、互いに助け合いながら現場をサポート。オリエンテーリングで常に能力を高め、ミーティングを通して看護師間や医師たちとのコミュニケーションを大切にしている。また、家庭を持つ仲間が多いこともあり、互いが頼れる環境をつくっていることも離職率が低く、現場の雰囲気を良くしている。

 看護師たちのまとめ役であり、医師との間をつなぐ役割も担う都築師長と五十嵐さんは小さいころから看護師を目指していたという。岸田主任も中学生のときの体験から憧れの看護師になった。それぞれの純粋な気持ちは、地域の人たちに「安心を与えたい」という真っ直ぐな思いにつながる。

 南町田病院では、看護師の育成、現場復帰を希望する看護師の再就職を応援するプログラム開催などにも力を入れる。また、ワークライフバランスを考慮した『働きやすさ』も特長。年間30〜40回、医師や他職種との連携し、夕方30分程度の勉強会も盛んで、垣根の低い人間関係が魅力。自分たちの仕事や、仕事の為になる『やりたい』という気持ちを支援し、目的をもって一緒に頑張ることにやりがいを感じる、そんな職場づくりを行っている。

南町田病院

町田市鶴間1008-1

TEL:042-799-6177

http://mmhp.jp/

町田版のピックアップ(PR)最新6件

予防、メンテナンスを軸にした欧米型歯科診療

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

夫婦でも入居可能広めの住戸も特長的

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

11月30日号

多世代が暮らす安らぎ空間

参加無料 ランチ付き見学会あり サービス付き高齢者向け住宅

多世代が暮らす安らぎ空間

11月30日号

全国で「健康ダイエット教室」を開催

中島康晴のテノール

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

減らせ「突然死」

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

11月9日号

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

塩作りから考える

塩作りから考える

里山農園でお話会

12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク