町田版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

地域連携型認知症疾患医療センター 認知症のことなら、おまかせください 鶴川サナトリウム病院

同院の役割ついて伝える小松弘幸センター長(中央)と奥村武則医師(右)、佐久本昇医師(左)
同院の役割ついて伝える小松弘幸センター長(中央)と奥村武則医師(右)、佐久本昇医師(左)
 認知症の方ができるだけ住み慣れた地域での「その人らしい生活」を支援する目的で、2015年9月に東京都より「地域連携型認知症疾患医療センター」の指定を受けた鶴川サナトリウム病院。町田市の認知症施策への協力等を実施し、認知症の人とその家族が安心して暮らせる地域づくりを進める役割を担っている。

 地域のかかりつけ医との連携もその役割の一つ。センター長を務める小松弘幸医師(精神科)は「認知症の進行を抑えるには早期発見・治療が重要です。気になる症状があれば、まずはかかりつけ医に連絡を。緊密な連携で、スムーズに対応いたします」と話す。

 また今年はMRIの導入も決まり、2月中には稼働の予定。今までより精度の高い検査で早期発見・治療を目指す。

電話相談窓口にも

 同病院は町田市から「町田市認知症電話相談(【フリーダイヤル】0120・115・513)」の業務を請負い、認知症の「早期発見・早期治療」や「医療・介護の連携」を推進。専門職(精神保健福祉士=ソーシャルワーカー)が認知症の本人だけでなく、家族や支援者、「自分が認知症かもしれない」という人などからの相談に応じている。「まだ大丈夫」なうちに受診するのがその人らしい生活を続けるのに重要。高齢者支援センター(地域包括センター)とも連携する同院。「地域サービスや介護サービスなどの相談も、お気軽にお電話を」

鶴川サナトリウム病院

町田市真光寺町197

TEL:042-735-2222

http://www.tsurusana.com/

町田版のピックアップ(PR)最新6件

予防、メンテナンスを軸にした欧米型歯科診療

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

夫婦でも入居可能広めの住戸も特長的

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

11月30日号

多世代が暮らす安らぎ空間

参加無料 ランチ付き見学会あり サービス付き高齢者向け住宅

多世代が暮らす安らぎ空間

11月30日号

全国で「健康ダイエット教室」を開催

中島康晴のテノール

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

減らせ「突然死」

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

11月9日号

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

塩作りから考える

塩作りから考える

里山農園でお話会

12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク