町田版 掲載号:2017年1月12日号

鶴川駅前再整備へ 社会

賑わいと交流創出狙う

イメージ図(鶴川駅周辺再整備基本方針概要版より)
イメージ図(鶴川駅周辺再整備基本方針概要版より)
 町田市はこのほど、『鶴川駅前周辺再整備基本方針』を策定し、発表した。再整備を「にぎわいと交流を創出」と位置付け、交通混雑、南口の未整備、南北歩行環境の整備など、都市機能の改善強化を目指す。今後のスケジュールも5年後、10年後、15年後と目指す姿を具体的に明示し、事業を推進する。

 町田市は鶴川駅前周辺を再整備することにより「安全で便利な交通」と「快適で賑わいのある駅前空間」を実現することを目標としている。

 3つの方針と5年後、10年後、15年後のスケジュールを明記することで、地域住民からの理解を得て、行っていくという。

 方針は【1】安全で便利な交通機関の強化、【2】快適で賑わいのある駅前空間の創出、【3】駅周辺の住環境の向上を掲げ、各方針の具体的事例として、【1】について「北口広場の改良、南口広場の新設、駅アクセス道路の整備」「自由通路の整備、駅舎改良」、【2】について「新たな商業施設の誘導による駅前空間の魅力向上」「南北まちづくりの推進」「駅周辺施設の連携による賑わいの形成」、【3】は「駅周辺をネットワークする街なか回遊動線の形成」「主要生活道路の整備による防災性の向上」「駅前立地を生かした住環境の形成」などを明示している。

 今後は、用地買収・交渉などを進めながら、5年後には北口において、駐車場・駐輪場正接の再整備、香山緑地の用地取得・整備・開園を目指し、南口においては、土地区画整備事業認可の取得、道路事業認可(主要生活道路)の取得を目指す。

 南口市街地整備の完成予定は15年後とし、その間、南口広場と自由道路整備事業の実施、南口街づくり事業の着手などを経て、南口街づくり、南口広場への駅アクセス道路の整備などを行っていく。

 また駅舎の改良も視野に入れ、10年後の着手を予定。

町田版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クレイクラフト体験

クレイクラフト体験

ギャラリーわおん♪で

4月3日~4月3日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/