町田版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

オリジナル出生・婚姻届 社会

多摩地区で初の試み

 結婚を考えている世代、出産を控えている世代に「今後も町田に住み続けてほしい」と町田市では、オリジナル婚姻届・出生届を作成した。オリジナルデザインの出生届の作成および複写式届書の無料配布は多摩地区初の試み。

 「町田市に住み続けたい」「町田市へ編入したい」と思ってもらえるように企画したもので、若い世代をターゲットにした。

 婚姻届・出生届=写真=はいずれも、2枚複写式になっていて、1枚目は市役所への提出用で、2枚目のオリジナルデザインされた用紙を控えとして自分の手元に持っていることができるようになっている。

 デザインは婚姻届を玉川大学4年の高橋真穂さん、出生届を和光大学4年の大内翼さんがそれぞれ担当した。高橋さんは「新しい生活への力強さや健やかさなどを表現した」と話し、大内さんは「出産という大仕事を成し遂げたお母さんとがんばって生まれてきた赤ちゃんを称える賞状のようなデザインにしました」とコメントした。

関連記事powered by weblio


町田版のトップニュース最新6件

町田版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

72時間を支え合う

72時間を支え合う

桜美林大で忠生地域ケア会議

10月21日~10月21日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク