町田版 掲載号:2017年2月2日号

来年の箱根駅伝シード権を獲得した駅伝部を率いる

坪田 智夫さん

法政大学陸上競技部 駅伝監督 39歳

”悔しさをバネに”後世に伝え

 ○…大手町のゴールに10区・東福龍太郎選手が8番目に到着した瞬間、監督車の車内でマネジャー、2日間を共にした運転手、審判たちと思い切り喜び合った。「ずっとシード権内で踏ん張ってくれていたので、何としても取らせてあげたかった」と当時のようにホッとした表情で話す。今回の結果を「4年生の頑張りに尽きる。主要区間を走り、また外れたメンバーも腐ることなく最後までサポートしてくれた」と分析する。

 ○…出身は神戸。少年時代、運動オンチで球技が得意ではなかったが、足だけは速かった。中学では「友だちが入るなら」と軽い気持ちで陸上部に入部。レベルの高い兵庫県において、中・高とも「ぬる〜い環境。いかに先生の目を盗んでサボるかを皆と考えていましたね。それが今や仕事になるとは」と懐かしむ。無名に近い県立高校から法政大学に入学し、エースとしての箱根駅伝2区「区間賞」や、実業団コニカミノルタのニューイヤーマラソン3連覇の原動力となる活躍、1万m日本代表としてのパリ世界陸上出場など、輝かしい経歴の数々はすべて、悔しさがバネになっている。

 ○…インターハイまであと1歩の4位で終わったこと、初の箱根駅伝、山登りでボロボロになったことや、シード権落ち、予選落ち。そして実業団時代の長期故障―。自身が経験してきたからこそ選手たちに言えることがある。『目標をしっかり定めて、やり切れば達成できる』。「何年かかるか分からないが”優勝”は目標にしていたい。出られるチームにはなった。後は出続けること、シード権を取り続けられるよう一歩一歩進めていきたい」と力を込める。

 ○…家に帰れば1歳半の息子さんとじゃれあう一児の父。実業団時代に一緒だった元陸上選手の奥さんは良き理解者で、公私ともに支えてくれている。「息子への周りからの期待はすごいですね。ちょっとかわいそうなくらい。大成してくれればいいな」と目を細めた。

町田版の人物風土記最新6件

川添 多嘉吉さん

4月から町田市吟詠連盟の理事長への就任を予定している

川添 多嘉吉さん

3月23日号

松田 瑞江さん

まちだスポーツアワード2016で『ベストインパクト賞』を受賞した

松田 瑞江さん

3月16日号

名取 玲子さん

町田の郷土芸能をイラスト・キャラクター化した

名取 玲子さん

3月9日号

大田 隼輔さん

今季からサッカーJ2のFC町田ゼルビアに加入した

大田 隼輔さん

3月2日号

小泉 等さん

市内で活動するウクレレサークル「マウイブルーオーシャンズ」の講師を務める

小泉 等さん

2月16日号

吉田 博さん

小野路宿里山交流館のアートコンテストで最優秀賞を受賞した

吉田 博さん

2月9日号

関連記事(ベータ版)

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クレイクラフト体験

クレイクラフト体験

ギャラリーわおん♪で

4月3日~4月3日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/