町田版 掲載号:2017年5月11日号

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

脂肪率・肝硬度を調べるMRE

新百合ヶ丘総合病院

 肝臓の画像診断は近年大変な進歩を遂げています。中でもMRIは、血流情報に加え、機能イメージングと呼ばれ、肝細胞自体の働きや胆道への排泄状況を捉えた画像を提供できます。

 昨年春、当院に導入されたMRエラストグラフィー(MRE)は、従来超音波で「肝臓が腎臓より白い?」だけで判断されてきた脂肪肝や「肝表面から辺縁がやや丸みを帯びて硬そう?」と疑ってきた肝硬変(正常2kPa)が数値で表現されます。従って年に1回測定すれば「昨年に比して増えたか、悪くなったか?」が印象でなく、数値で示され、受診当人の明確な自覚と、ご家族も無用な心配なく、客観的な情報が得られます。また時には、正常肝との比較で肝臓がんの診断、治療後の効果判定にまでMREが活用されます。

 専門医への積極的受診をお勧めします。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

町田版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/