町田版 掲載号:2017年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

「バルタン星人を知っていますか?」(小学館)を上梓した飯島 敏宏さん成瀬台在住 84歳

とっておきの日々の過ごし方

 ○…誰もが知っているバルタン星人。1966(昭和41)年、ウルトラマン第2話に登場した。多くの人に愛されるキャラクターを誕生させたが、「決して『かわいい』存在じゃないんだよね。みんなにそう言われちゃう」と苦笑する。高度な科学技術を持ちながら、無謀な科学実験の失敗により自身の星を無くしたバルタン星人。当時の世界情勢を憂い、自身の戦争体験によって誕生した存在だった。

 〇…東京都文京区生まれの江戸っ子。5人兄妹の三男坊で、「全部、兄たちのお古でね。だから本はちょっと年齢の割に背伸びしたものを読めたのは、うれしかったね」。1945(昭和20)年3月10日の大空襲を皮切りに4月、5月と焼夷弾から逃げ惑ったが、家族みんな無事だった。絶望と飢餓だけが東京に残った。「でもね、瞬く間に平和と、アメリカと、青春がごちゃまぜに押し寄せてきたよ」と振り返る。

 〇…大学卒業後、開局まもないTBSに入社した。「脚本を書く部署があるからと言われてね。でも入ったらそういう部署は無くてね。いきなりドラマのアシスタントディレクターになり、走り回ったよ」と笑う。ドラマは全て生放送の時代。テレビ文化とともに歩み始めた。少しずつ脚本を書く仕事も舞い込み、そしてウルトラQを手掛け、続いてウルトラマン、ウルトラセブンとヒット作が続き、その中で『バルタン星人』が生まれた。

 〇…社会現象になったドラマ「金曜日の妻たちへ」を50代で手掛け、そして地元成瀬を舞台にした映画「ホームカミング」でメガホンを取った。子どもたちに夢と希望、社会の矛盾を伝え、「不倫」をテーマに社会を切り取った。そして引退した主人公が地域・住民と関わりながら第二の人生を歩み始めた。次は「第三の人生」。「どのように死を迎えるかというより、『とっておきの日々』をどう過ごすかということかな。そんな作品を作りたいね」

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

水野 晋一さん

11月21日に新庁舎に移転する町田消防署の署長を務める

水野 晋一さん

11月16日号

熊谷 春一さん

35周年で「地域交流まつり」を開催する多摩丘陵病院の理事・事務部長を務める

熊谷 春一さん

11月9日号

土田 恭義さん

「あいはら“ワクワク”竹学校」を主催する相原にぎわい創生プロジェクト代表を務める

土田 恭義さん

11月2日号

折茂 尚夫さん

29日から始まる第40回町田市民文化祭の実行委員長を務める

折茂 尚夫さん

10月26日号

松島 義行さん

1周年を迎えた写真塾の塾長で、初めて写真展を開催している

松島 義行さん

10月19日号

三本松 武子さん

8日(日)からギャルリー成瀬17で個展を開く

三本松 武子さん

10月5日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゴルゴ松本が語る

ゴルゴ松本が語る

市民ホールで命の授業

11月24日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク