町田版 掲載号:2017年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

多摩境駅

「マルシェ」で賑い創出

社会

テクノパークの地域活性

にぎやかなマルシェのイメージ
にぎやかなマルシェのイメージ
 「暗い」「広いのにもったいない」と地域住民が声を上げている京王相模原線「多摩境」駅改札前のピロティー空間に、今までにないにぎわいを創出するために、地元企業が企画を進めている。その名も「おやマルシェ」。8月5日(土)、午前9時から午後1時まで。入場無料。同空間で初の開催。

 「おやマルシェ」は小山ヶ丘の異業種連携、産学公連携を目的とした研究開発型企業が集まる事業協同組合「まちだテクノパーク」が企画、運営を行うイベント。同パーク事務局長の菅野英昭さんは「地元のちょっと素敵なものが集まるマルシェで街の魅力を再発見しませんか。普段駅を利用する人も『おや?』と、ふと覗きたくなる、楽しげでにぎわいの感じられる空間をプロデュースしていけたら」と呼びかける。

 毎年秋に同パークで開催される地元の祭り「アレサふれあいまつり」で交流のある岩手県一関市から前日に収穫された新鮮野菜が直送され、店頭に並ぶ。東日本大震災の復興支援を通じて交流が始まった一関市は、同まつりの第1回より出店し、その新鮮な野菜には毎年多くのファンが詰めかける。今回、交流機会を増やしたい一関市とピロティーをにぎやかにしたい地元の思いが合致し、おやマルシェの開催となった。

 女性の意見を取り入れ、マルシェとしての什器や屋台などの形にもこだわった。「市場でなくマルシェ。やるからにはオシャレに。格好よくしたい」と菅野さん。一関市の新鮮野菜のほかには、同パークが関わり開発した「シルクメロン」の関連商品や、無農薬栽培の津久井産ブルーベリー、堺第2高齢者支援センターからは高齢者の名前や電話番号などが載るキーホルダーの販売も。「まだまだ出店者を募集しています。みんなで多摩境を盛り上げましょう」。ブース料は同パークが負担するという。「これまでにもこの空間を活かそうと様々な取り組みが企画されてきました。今回、形にしたものがきっかけとなり、この空間ににぎわいが創出できれば」と菅野さん。

 出店申し込み・問合せは、まちだテクノパーク【電話】042・798・5105へ。

暗くて人通りの少ない平日のピロティー
暗くて人通りの少ない平日のピロティー

関連記事powered by weblio


見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

桜美林大キサイサ1位

箱根駅伝予選会

桜美林大キサイサ1位

10月19日号

帰宅困難者を見守る

ICT(情報通信技術)を活用

帰宅困難者を見守る

10月19日号

さまざまな愛をテーマに

月イチ映画 上映会

さまざまな愛をテーマに

10月12日号

幅広い世代で防災訓練

4人が出馬の意向

衆院選東京23区

4人が出馬の意向

10月5日号

子どもにも浮世絵を

国際版画美術館

子どもにも浮世絵を

10月5日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「自分らしさ」が勢揃い

第1回作品展

「自分らしさ」が勢揃い

東京写真表現塾

10月18日~10月23日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク