町田版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

11月11日 再発・転移のがん対策講演会(in町田)「自分の細胞でがんを倒す」進化するがん治療 最前線紹介

下咽頭がん。声帯温存で消滅した症例も紹介
下咽頭がん。声帯温存で消滅した症例も紹介
 がん3大治療法と言われる外科手術、化学療法、放射線療法。これに続く新治療法として、「フュージョン細胞」を使うがん免疫治療が注目を集めている。その治療に関する講演会「『世界レベルで進むがん研究、進化するがん免疫治療』〜フュージョン細胞はがん治療を変える〜」が11月11日(土)、JR町田駅「ターミナル口」徒歩2分のベストウェスタン レンブラントホテル東京町田で開催される。

 テーマは「再発・転移するがん―なぜがんは再発・転移するのか、その仕組みと対策を探る――」。

 世界屈指のがん研究拠点、ハーバード大学ダナ・ファーバーがん研究所で開発されたフュージョン細胞。患者自身のがん細胞と樹状細胞を融合したもので、がんを特異的に攻撃する最前線の治療法だ。同講演会ではこの医療技術の有効性を探り、東京慈恵会医科大学での臨床研究結果や国内での症例を含め、新たながん治療法として公開する。

 担当者は「がんを宣告された方、現在がん治療中で、副作用がつらい方、がんが再発・転移してしまった方、ほぼすべてのがん種に対応しています。がん治療の一つの選択肢としてこの治療技術を知ってもらえたら」と話す。参加費は1千円で、定員50人(申込み先着順)。申込みはHPか電話にて。

町田 がん対策講演会 

ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田 東京都町田市原町田3-2-9

TEL:03-5733-4662

http://ganmeneki.net/machida

<PR>

町田版のピックアップ(PR)最新6件

中島康晴のテノール

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

減らせ「突然死」

専門医を招致し「早期受診」呼びかけ

11月9日号

風邪でもないのに続くのどの違和感

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

風邪でもないのに続くのどの違和感

11月9日号

新品の軽い布団に

アクティブシニア向けの新しい住み方

32〜61平方メートル2人入居可

アクティブシニア向けの新しい住み方

11月2日号

「空家のままの実家」「相続させたい土地」どうする

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

経済効果の可能性

経済効果の可能性

東京五輪、パラ開催に向け

11月17日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク