町田版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

玉川大学JULIAS HipHоp部門で頂点に 全日本チアダンス選手権大会

スポーツ

りなコーチ(左)と新メンバー
りなコーチ(左)と新メンバー
 日本チアダンス協会主催の第17回全日本チアダンス選手権大会・第15回全日本学生チアダンス選手権大会が18日、東京体育館で行われ、玉川大学体育会ダンスドリルチームJULIAS(ジュリアス)が初参戦のHipHop部門で見事1位に輝いた。ジュリアスは今年4月の全米学生チアダンス選手権で2連覇を達成した強豪チーム。新部門での快挙は確実に演技の幅を広げた。なお同大会のJAZZ部門高校生編成では、”妹分”の玉川学園高等部チアダンス部GLIZS(グリッツ)が1位となり、W優勝の快挙を成した。

チアダンスを高めたい

 同部門への参戦を決めた山田里菜コーチは、いつものチアダンスと違い、華麗さでなく、HipHopならではの”グルーブ感”などのニュアンスを出すことに力を入れた。「メンバーはかなり戸惑ったと思う。身体を動かすことに長けていても、(身体の)使い方が異なるので、みんな壁にぶつかっていた」と振り返る。ヒップホップ専門の外部講師を招き、振付をする自分もメンバーとともに学んだ。「少しずつ探りながら。ものすごく苦しかった」。チアダンスはHipHоp、JAZZ、POM、ラインダンスで構成されるチームダンス。「それぞれの部門一つひとつを強化すれば、それ以外にも役立てられる」と奮い立たせた。山田コーチはジュリアスのほかに小中学生向けのスタジオやカルチャー教室で様々な年齢層の生徒を対象に指導を行っている。「年齢や目標も様々、ティーチングとコーチングを使い分けるのは大変ですが、自分の幅も広がる」と意欲的だ。「ジュリアスは常に”優勝”が目標です」

 実は同大会前の、世界大会に繋がる大会で2位という苦汁をなめた。山田コーチは「メンバーには最初からうまくいくわけないと伝えたが、やはり悔しかった。その悔しさをバネにして得た最高の結果。これを機にこの部門も突き進んでいきたい」と新チームへの期待を寄せた。副将で、今大会後に新主将に任命された西原あかりさん(3年)は「今年度からの新たな挑戦。研究を欠かさず、目標に向かってチーム全体で統一できた結果を評価されて嬉しい。どこまで成長できるか楽しみ」と語った。

優勝を決めたダンス(日本チアダンス協会提供)
優勝を決めたダンス(日本チアダンス協会提供)

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

プロでの活躍に期待

「若い世代も投票を」

脱原発など

公開講演会

脱原発など

12月7日号

癒しのXマスコンサート

笑顔あふれるひとときを

癒しのXマスコンサート

12月7日号

木原信義氏が出馬

市長選

木原信義氏が出馬

12月7日号

SFブラックコメディー

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り門松で迎春

手作り門松で迎春

小山田緑地の里山カレッジ講座

12月16日~12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク