町田版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

信金の裏側を知る 一中生が職場体験

教育

 今年、開店45周年を迎えた城南信用金庫原町田支店で21日・22日の2日間、町田第一中学校の生徒2人が職場体験を行った。

 体験したのは江頭大河さんと平山一真さん(ともに2年)。店内で高機能紙幣硬貨整理機やATMの説明を受け、顧客来店時の話法などロビー活動について学ぶと、自分専用の名刺をもらい、名刺交換や顧客対応などのロールプレイングを行った。

 その後2人はお札の枚数を数える札勘(さつかん)に挑戦=写真。慣れない手つきで練習用の札束に触れ、枚数を確認するための「横勘」、金種を確認するための「縦勘」に悪戦苦闘していた。

 江頭さんは「イメージしやすかったので信金の仕事を職場体験に選んだ。色々な仕事があって驚いた」と話し、平山さんは「現金が機械に入っていくところなど、普段見られない場面を見られた」と感想を話した。

 同金庫は日頃より地元の祭りへの参加や、子ども向け金融教室を開くなど、地域に根差した取り組みを行っている。森義範支店長は「職場体験の受け入れは2年ぶり。今後も地域貢献していきたい」と話していた。

町田版のローカルニュース最新6件

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

塩作りから考える

塩作りから考える

里山農園でお話会

12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク