八王子版 掲載号:2016年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

大和田町出身の元プロ野球選手で、現在、都内ホテルのマーケティングを担当する

高木 大成さん

練馬区在住 42歳

「新たな価値」づくりに奮闘

 ○…引退から10年が過ぎた。現在はプロ野球選手時代に所属した球団の母体グループが運営する都内ホテルに籍を置く。担当するのは「ホテルの新しい価値」を創造し、新たな顧客層の発掘。「東京タワーを眺めながらバスタイムを楽しむなど、今は30、40代の女性に、自分へのご褒美として当ホテルを利用して頂くプランを練っています」。インバウンドの影響もあり、ホテルの稼働率が好調な今こそ「新しい商品を」と、ビジネスマンの顔を見せる。

 ○…1996年に現「埼玉西武ライオンズ」に入団。走攻守に優れた選手として活躍したものの、プロ入り4年目に右足首の靱帯を断裂すると、その後は相次ぐ怪我に見舞われ、満足にバットを振ることができなくなった。「怪我をしてリハビリをする過程で、いかに周囲に支えられているかを実感した。相手の話をよく聴くようになりましたね」。復帰を目指し”あがいた日々”が視野を広げてくれた。

 ○…引退後の約6年間は、球団広報などを担当。試合後にファンを呼んで、「ゲーム熱」が残るグラウンドでノックを行い、その臨場感を楽しんでもらうなど、ファンが選手に「近づく」様々なイベントを企画。チームの集客に貢献した。「お客さんが何を望んでいるのか常に考えながらアイデアを形にしていきました」。この業務が、32歳で初めて名刺交換を経験した元スター選手をビジネスマンへと変貌させた。

 ○…ホテルマンとして活躍する今でも将来は多くの学びを与えてくれた「野球に恩返ししたい」と、指導者への憧れを残している。伝えたいことのひとつがキャッチボールの大切さ。相手の捕りやすい球を投げる必要のあるキャッチボールは、相手を気遣う気持ちを生み「人をつくる」と考えているためだ。「会話は要らないんです。私の原点も父親とのキャッチボール。心を交差させる時間が楽しかった」。理路整然と話す語り口に温かみがこもった。

関連記事powered by weblio


八王子版の人物風土記最新6件

石橋 宏楓さん

書道家で、9月末まで高尾山薬王院にて書画展を開催した

石橋 宏楓さん

10月19日号

町田 正 さん

先ごろ、52回目の「ビリヤード日本一」に輝いた

町田 正 さん

10月5日号

広瀬 美紀子さん

ピアニストで、音楽教室「八王子音楽院」(東町)の代表を務める

広瀬 美紀子さん

9月21日号

村内 道昌さん

チャリティバーゲンセールを今月開催する家具店「村内ファニチャーアクセス」(左入町)の会長を務める

村内 道昌さん

9月7日号

河村 優子さん

東京都写真館協会コンテストで最高賞の都知事賞を受賞した

河村 優子さん

8月24日号

青木 訓行(のりゆき)さん

市内の自然環境や歴史文化などを、子どもたちらが「学び」「体験」できる催しの実行委員長を務める

青木 訓行(のりゆき)さん

8月3日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク