八王子版 掲載号:2017年1月1日号

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第52代理事長になった

山田 恭之(やすゆき)さん

明神町在住 39歳

失敗恐れずわがままに

 ○…「父親のやってきたことを見てみたい。男として先輩として越えていくべきもの」。父親もJCの卒業生で12代目の理事長を務めた。自身は35歳での入会。異例ともいえる短い在籍年数での理事長職だ。「昨年50周年を迎えた伝統のあるJC。歴代の理事長は名のある人ばかり」とプレッシャーを感じる反面、「理事長はゴールではなくスタート地点」と考え、今年のJCを率いていく。

 ○…JCを例えて言うなら「大人の部活」だという。仕事以外で熱中できるような大掛かりな活動ができ、部活でいえば「試合の感動」が味わえるという。OBの男性が「70歳になって気づいたが、周りの友達は元JCメンバーばかり」と話していたことに、今は納得がいく。ともに過ごした時間の濃さが強いつながりを生む。父親も当時のメンバーと家族旅行に行くことがある。30年前のことを昨日のことのように話すという。

 ○…約70年前、八王子に移ってきた家業の金属リサイクル業を継げば4代目。今は家業と他社との二足のわらじ。32歳のときに父が体調を崩したのを機に「地域貢献の世代交代」を思った。JCに入会した35歳の年は、町内会の青年部や高校サッカー部のOB会など多くの活動に参加した。「子どもの頃は近所の怖いおじさんに怒られた。そうやって地域に育てられた思いがある」。地域への恩返しが込められている。近所で交通事故が発生すれば交通誘導を買って出る。車に誘導棒を積んでおく入念さだ。

 ○…今年のJCのスローガンは「剛毅果断」。自分に言い聞かせるように決めた言葉だ。「本来は『わがまま』な性格。それを社会人になって『人と衝突しないように』軌道修正していった。しかし、いつの間にか『優柔不断』になっていた」。嫌われたくないだけだったのかもしれないと自己分析する。「理事長として失敗を恐れずに向かっていきたい。いい意味で『わがまま』を出していきたい」

八王子版の人物風土記最新6件

保高 泰一さん

10回目を迎えるイベント「みんなちがってみんないい」の代表

保高 泰一さん

5月25日号

中神 璃子(りこ)さん

「365日路上ライブ」を行っている、八王子ご当地アイドル「エイトプリンセス」のセンターを務める

中神 璃子(りこ)さん

5月11日号

小泉 渉(わたる)さん

八王子、町田の両市民らが連携し、22日に開催する「防災イベント」の実行委員長を務める

小泉 渉(わたる)さん

4月20日号

植松 しのぶさん

演歌歌手で、ご当地ソング「八王子加住音頭/滝山城の春」を歌う

植松 しのぶさん

4月6日号

山中 英明さん

「技能グランプリ」で金賞(石工部門)と内閣総理大臣賞を受賞した

山中 英明さん

3月23日号

山崎 薫さん

今年、創立50周年を迎えるヤマザキ学園(南大沢・ヤマザキ学園大学)の理事長・学長(博士)を務める

山崎 薫さん

3月9日号

関連記事(ベータ版)

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/