八王子版 掲載号:2017年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

一般社団法人三多摩サッカー連盟の理事長を務める

小泉 修(おさむ)さん

大横町在住 68歳

「育てる」夢 追い続け

 ○…市役所を辞め、半年間ヨーロッパへ。西ドイツW杯(1974年)を生で観た。「スタジアムが揺れる。あの感覚は今でも忘れられない。魅力というより魔力のようだね」。27歳で八王子サッカー協会の会長に、38歳で三多摩サッカー連盟の理事長に就任した。「まだサッカーが浸透していなかった時期。みんなを束ねて普及に努めた。指導者を育てる講習会を開くなどしました」。同連盟は設立30周年を機に、このほど一般社団法人へ移行。「上の人も支えてくれたおかげです。いい環境で後世にバトンタッチをしたい」。どちらの組織でも数十年にわたりトップを務め続ける。「情熱がすごい」。知人は敬意を表する。

 ○…八王子生まれの八王子育ち。東京五輪(1964年)がスポーツを始めるきっかけになった。高校ではバスケ部に所属。身長が小さい方であまり活躍はできずにいたとき、サッカーを知った。「(大きくない)自分でもチョコチョコ走って楽しめる」。富士森公園で大学生から教えてもらうなどし、技術を磨いた。通う学校にサッカー部がなかったため、自ら創設。社会人になり都市開発の仕事に従事し都心勤めになっても、地元でサッカーを続けた。

 ○…実はW杯よりユーロ(欧州選手権)が好き。「お国柄や哲学が表れる」。現地へ観戦に行くほどだ。「楽しませるのはゴール前。サッカーはぶつかりあい」。そんな40年前に海外で観たプレーの印象が強く、今でも元イングランド代表のランパードなど「体の強い」選手が好みだそう。

 ○…夢が2つある。「八王子にスポーツパークを作ること。スタジアムを作ること」。20年以上前から活動を続け、そのひとつは実現に近づきつつある。「子どもがサッカーをはじめてもほとんどはJリーガーになれない。でも『いい大人』にはなれる」。サッカーは少年を大人にし、大人を紳士にする――。「作る」だけでなく、そこで「育てる」ことが本当の夢だ。

関連記事powered by weblio


八王子版の人物風土記最新6件

石橋 宏楓さん

書道家で、9月末まで高尾山薬王院にて書画展を開催した

石橋 宏楓さん

10月19日号

町田 正 さん

先ごろ、52回目の「ビリヤード日本一」に輝いた

町田 正 さん

10月5日号

広瀬 美紀子さん

ピアニストで、音楽教室「八王子音楽院」(東町)の代表を務める

広瀬 美紀子さん

9月21日号

村内 道昌さん

チャリティバーゲンセールを今月開催する家具店「村内ファニチャーアクセス」(左入町)の会長を務める

村内 道昌さん

9月7日号

河村 優子さん

東京都写真館協会コンテストで最高賞の都知事賞を受賞した

河村 優子さん

8月24日号

青木 訓行(のりゆき)さん

市内の自然環境や歴史文化などを、子どもたちらが「学び」「体験」できる催しの実行委員長を務める

青木 訓行(のりゆき)さん

8月3日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク