八王子版 掲載号:2017年2月23日号

一般社団法人三多摩サッカー連盟の理事長を務める

小泉 修(おさむ)さん

大横町在住 68歳

「育てる」夢 追い続け

 ○…市役所を辞め、半年間ヨーロッパへ。西ドイツW杯(1974年)を生で観た。「スタジアムが揺れる。あの感覚は今でも忘れられない。魅力というより魔力のようだね」。27歳で八王子サッカー協会の会長に、38歳で三多摩サッカー連盟の理事長に就任した。「まだサッカーが浸透していなかった時期。みんなを束ねて普及に努めた。指導者を育てる講習会を開くなどしました」。同連盟は設立30周年を機に、このほど一般社団法人へ移行。「上の人も支えてくれたおかげです。いい環境で後世にバトンタッチをしたい」。どちらの組織でも数十年にわたりトップを務め続ける。「情熱がすごい」。知人は敬意を表する。

 ○…八王子生まれの八王子育ち。東京五輪(1964年)がスポーツを始めるきっかけになった。高校ではバスケ部に所属。身長が小さい方であまり活躍はできずにいたとき、サッカーを知った。「(大きくない)自分でもチョコチョコ走って楽しめる」。富士森公園で大学生から教えてもらうなどし、技術を磨いた。通う学校にサッカー部がなかったため、自ら創設。社会人になり都市開発の仕事に従事し都心勤めになっても、地元でサッカーを続けた。

 ○…実はW杯よりユーロ(欧州選手権)が好き。「お国柄や哲学が表れる」。現地へ観戦に行くほどだ。「楽しませるのはゴール前。サッカーはぶつかりあい」。そんな40年前に海外で観たプレーの印象が強く、今でも元イングランド代表のランパードなど「体の強い」選手が好みだそう。

 ○…夢が2つある。「八王子にスポーツパークを作ること。スタジアムを作ること」。20年以上前から活動を続け、そのひとつは実現に近づきつつある。「子どもがサッカーをはじめてもほとんどはJリーガーになれない。でも『いい大人』にはなれる」。サッカーは少年を大人にし、大人を紳士にする――。「作る」だけでなく、そこで「育てる」ことが本当の夢だ。

関連記事powered by weblio


八王子版の人物風土記最新6件

デレック ウェスマンさん

J:OCMの番組「八王子人図鑑」のインタビュアーを務める

デレック ウェスマンさん

6月22日号

浅原 須美(すみ)さん

「芸者衆に花束を。八王子花柳界、復活」を上梓した

浅原 須美(すみ)さん

6月8日号

保高 泰一さん

10回目を迎えるイベント「みんなちがってみんないい」の代表

保高 泰一さん

5月25日号

中神 璃子(りこ)さん

「365日路上ライブ」を行っている、八王子ご当地アイドル「エイトプリンセス」のセンターを務める

中神 璃子(りこ)さん

5月11日号

小泉 渉(わたる)さん

八王子、町田の両市民らが連携し、22日に開催する「防災イベント」の実行委員長を務める

小泉 渉(わたる)さん

4月20日号

植松 しのぶさん

演歌歌手で、ご当地ソング「八王子加住音頭/滝山城の春」を歌う

植松 しのぶさん

4月6日号

関連記事(ベータ版)

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/