八王子版 掲載号:2017年4月6日号

演歌歌手で、ご当地ソング「八王子加住音頭/滝山城の春」を歌う

植松 しのぶさん

加住町在住

「1人じゃない」 夢はみんなで大合唱

 ○…八王子だけで5ブロックに分けられるほどの後援会。秋田県や石川県にもあり1000人以上が所属する。一昨年は地元・加住にも立ち上げられた。「どんどん家族が増えていく感じ」。会員は賑やかな人が多く、公演前の控室が宴会場のようになることも。ステージにあがると「あの人いる。この人いる」とそんな”仲間”の顔を確認しながら笑顔を振りまく。「とても義理人情を大切にする人」と、知人は声を揃える。

 ○…父親がカラオケ教室を開いていたため、幼い頃から自然と演歌が身についた。高校生になると父に連れられ老人ホームなどで歌うように。学校帰りのセーラー服姿でステージにあがったこともあった。父の仕事が忙しく普段なかなか一緒に居られなかったため、演歌を歌うことで「親子の時間」を作ることができた。歌声にまわりが喜んでくれる姿を見てその道を志すと決めた。

 ○…セミプロとして活躍したが、体調を崩し一線を退いた時期もあった。2005年、満を持してキングレコードからデビュー。現在は徳間ジャパンに所属。メジャーレーベルから2作品を発表した。西多摩地区を中心に祭りやイベント、老人ホームなどに呼ばれることが多く3年前には「老人施設慰問300回」を記録しその地道な活動は日刊紙でも取り上げられた。今年1月には地元のセンターで「ずっと歌いたかった」というご当地ソングを披露し大歓声を受けた。

 ○…2人3脚でやってきた父を2年前に亡くした。「演歌は父の夢。声が続く限り歌いたい」――。かつてはステージの直前に、緊張から逃げ出したくなったことも。歌詞を忘れたらとの不安から掌に書いて歌ったこともあった。今は違う。「これだけの人が支えてくれている。1人じゃない」。家族の絆を歌ったオリジナル曲「花の酒」。全国の後援会の”仲間”を集めコンサートを開く。そしてこの歌を大合唱するのが今の夢だ。

関連記事powered by weblio


八王子版の人物風土記最新6件

広瀬 美紀子さん

ピアニストで、音楽教室「八王子音楽院」(東町)の代表を務める

広瀬 美紀子さん

9月21日号

村内 道昌さん

チャリティバーゲンセールを今月開催する家具店「村内ファニチャーアクセス」(左入町)の会長を務める

村内 道昌さん

9月7日号

河村 優子さん

東京都写真館協会コンテストで最高賞の都知事賞を受賞した

河村 優子さん

8月24日号

青木 訓行(のりゆき)さん

市内の自然環境や歴史文化などを、子どもたちらが「学び」「体験」できる催しの実行委員長を務める

青木 訓行(のりゆき)さん

8月3日号

朝日 智子さん

本気の創業塾女性部会「リリエ」の代表を務める

朝日 智子さん

7月20日号

伊藤 裕司さん

先月、八王子市議会議長に就いた

伊藤 裕司さん

7月6日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク