八王子版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

着物を普段着に 文化

デザイナー・重宗さん

月に2〜3度は着物を着るという重宗さん。子安町のアトリエ前にて
月に2〜3度は着物を着るという重宗さん。子安町のアトリエ前にて
 9月9日に西放射線ユーロードで行われた「伝承のたまてばこ」の着物ファッションショーで活躍した八王子在住の着物デザイナーが重宗玉緒さん。今月15日にはいちょうホールで文化芸術フォーラムも行う。

 山口県出身。多摩美術大学(鑓水)の頃から約15年、八王子に住んでいる。着物に興味を持ったのは在学中。卒業後は会社勤めをするかたわら百貨店でのイベント展示などを精力的にこなした。3年前に独立。「誰も見たことのない風景を見せられれば」。独自性の高いデザインを「着物」で表現する。

 「着物を着ると自分自身のテンションが上がる。洋服と同じようにリアルファッション(日常着る服)の選択肢に入れてもらえれば」と話す。

関連記事powered by weblio


八王子版のローカルニュース最新6件

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク