八王子版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

大和田橋に弾痕 なぜ?透明板に覆われ歩道に

文化

 大和田町と明神町を結ぶ大和田橋の上下歩道に弾痕が残っている。透明板で覆われ、歩行者に見えるようになっているのだ=写真。なぜなのか。「1945年の八王子空襲の傷跡を忘れないようにとの思いが込められているんです」とは大和田町の相武国道事務所担当者。弾痕はその時、大和田橋が受けた焼夷弾のものだという。空襲時に多くの市民が大和田橋下に避難し、多くの尊い命が救われたことを後世に伝えるため、20年前に行われた橋の補修工事の際に弾痕が保存された。

 日常的に橋を利用しているという20代男性は「そんな歴史があったとは知らなかった。かみしめて歩きたい」と驚いた様子だった。

八王子版のローカルニュース最新6件

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

18日、30日も酉の市

市守・大鳥神社

18日、30日も酉の市

11月18日~11月18日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク