八王子版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

「あやめちゃん」支援呼びかけ 市内パフォーマンス集団

社会

レインボーズメンバー(右が宮城さん)
レインボーズメンバー(右が宮城さん)
 市内の主婦らで構成されるパフォーマンス集団「ザ・レインボーズ」らが今月、JR八王子駅周辺などで、海外での心臓移植を望む川崎市在住の佐々木あやめちゃん(2)の移植を支えるための募金活動を行った。同グループメンバーのひとりが、あやめちゃんの親族と接点があったことをきっかけに、これまでも支援を行ってきた同グループ。

 募金活動では「名前が同じ、あやめなんです」という女性や「助かれ!治れ!」と叫びながら募金する大学生など、励ましの言葉と共に多くの「温かい出会い」があったという。「皆さんの善意に、毎回涙が出るほど感動しました。人の優しさを知りました」と同グループリーダーの宮城あかしさんは振り返る。

「励まされています」

 22日には、あやめちゃんの父親である佐々木幸輔さん(29)が八王子で同グループと共に募金への協力を訴えた。「ご支援して下さる皆様に毎回、励まされております。レインボーズの方々には、たくさんの元気と勇気をもらい、お会いするたびに笑顔にしてもらっています」と佐々木さんは募金協力者やレインボーズメンバーに感謝の言葉を述べている。

 募金額は11月24日現在、2億6485万円と目標の3億1千万円に近づきつつある。「今後も協力していきます」と宮城さんは力強く話している。

 募金について詳しくは、「あやめちゃんを救う会」【電話】050・5242・2054(土日祝除く午前10時から午後3時)へ。

八王子版のローカルニュース最新6件

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク