多摩版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

多摩市 保育料補助 月額3万円に 認証施設を対象に予算案

社会

 多摩市が来年度予算案として東京都認証保育所に通う乳幼児を対象に、保育料補助額の引き上げを盛り込むことが分かった。現在の月額1万6900円(一人あたり)の補助額を3万円に引きあげると同時に、2018年度に認証保育所のみで入園申込みを行う世帯には2万円を上限に入園料を補助する制度も整備する予定。市では「子育て世代を応援し、待機児童ゼロをめざしたい」と期待を込める。

 多摩市の待機児童数は、2014年度は116人、15年度は49人、16年度は79人(いずれも4月1日時点)で、現在、その数をゼロにするため、認可保育所や東京都認証保育所の整備を進めている。

 国の基準で設置されている認可保育所は、市内で20施設あり、都の基準で設置される認証保育所数は市内に8施設、認定こども園は2施設ある。今年4月には、認証保育所が1施設多摩センター駅近くに設置される予定だという。

 保育料は、認可保育所が世帯収入(市民税所得割額)に応じて月額0円〜5万9500円となっているのに対し、東京都認証保育所は、都の定めによって上限は3歳未満8万円、3歳以上7万7千円(いずれも月額。220時間以下の契約の場合)の範囲内で各施設が設定している。東京都認証保育所を利用する世帯には、そこから各自治体で保育料の補助を行っており、多摩市の場合は、現在月額1万6900円の補助を行っている。

 今回、その東京都認証保育所の補助額を3万円に引き上げると同時に、2018年度に認証保育所のみ(単願)で契約をする世帯に2万円を上限に入園料を補助しようと、来年度予算案に盛り込まれることとなった。これは、東京都の「待機児童解消に向けた緊急対策」の制度を活用して実施を予定しているもので、3月の多摩市議会で承認されれば、今年4月以降入園する世帯に適用される。また入園料の補助については、18年度以降となる。

保護者負担軽減へ

 国の基準で設置される従来の認可保育所は、その設置基準などから都市圏では設置が困難で、0歳児の保育を行わない保育所があるなど、都民の保育ニーズに必ずしも応えられていなかった。そこで、都では独自に、0歳児保育を必ず実施し、13時間以上の開所を義務付けるなどの基準を設定し、多岐にわたる保育ニーズに応える東京都認証保育所制度を設けた。駅近くに設置しやすいなどのメリットがあるものの、保育料負担を理由に入園を見送るケースもあるという。

 今回の認証保育所の保育料補助の引き上げは、現在の利用世帯の負担を軽減し、これから保育所を選ぶ家庭の選択肢を広げていくことが目的。多摩市民であれば、市内外を問わず認証保育所に入所した乳幼児が対象となる。市では「駅近くにある認証保育所はニーズが高いが保育料が高く選択肢に入らないケースもある。今回の政策はそうした家庭に大きなメリット。認可保育所との差が縮まるので各家庭の選択肢が増えてくれれば。多様な保育サービスを充実させ子育て世帯を応援し、2017年度中に待機児童ゼロを目指していきたい」と話している。

多摩版のトップニュース最新6件

独自「マンホール蓋」を制作

多摩市

独自「マンホール蓋」を制作

12月14日号

絶滅危惧「ハタザオ」を保護

文化振興財団仙仁さんら

絶滅危惧「ハタザオ」を保護

12月14日号

地元商店街に元気を

青陵中学校

地元商店街に元気を

11月30日号

魅力発信へ4案発表

多摩市若者会議

魅力発信へ4案発表

11月30日号

多摩発のアイドル誕生

10人組ディゼル

多摩発のアイドル誕生

11月16日号

「夢灯り」で防犯・地域交流

永山6丁目住民有志

「夢灯り」で防犯・地域交流

11月16日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなでXmasを祝おう

がんママカフェ

みんなでXmasを祝おう

同じ体験をした家族が対象

12月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク