多摩版 掲載号:2017年2月23日号

地域で「竹とんぼ」づくりを教えている

長瀬 敏雄さん

永山在住 75歳

今を生き、伝統を紡ぐ

 ○…「昔のものを知っている人はびっくりしていましたね」。2月4・5日に東永山複合施設で「スーパー竹とんぼづくり講座」を開講し、同年代の人たちが集まった。軸をひねって作る「スーパー竹とんぼ」は、昔にはなかった技法。軸付けが難しいそうだが「これが飛ぶんですよ。子どもたちにも喜んでもらえるんです」。”竹とんぼおじさん”の顔がほころぶ。

 ○…長年勤めたメーカーでパソコンの製造に携わり、その技術に精通。定年後、パソコンを中心にした活動を行っていたが、行き詰まりを感じていた。「どうせ自由になったのだから今までできなかったことを」。そこで思いついたのがピースボートの旅。海外交流のために何か技術をと、インターネットで見つけたのが竹とんぼだった。国際竹とんぼ協会の会員に技術を教わり、世界中を旅しながら、海外の子どもたちに竹とんぼづくりを教えて回った。

 ○…「一つとして同じものはできない。できたものよりも作っている過程が楽しい」と微笑む。削ったり、磨いたり、竹とんぼと向き合っていると無我の境地になれるという。丁寧に作って記録を目指す人も多い中で、子どもたちと一緒に作ることに面白さを感じている。「モノづくりが体質に合っていたんですかね」と無邪気に笑う姿が若々しい。定期的に開く講座には同年代の人も多く「竹とんぼおじさんを増やしていきたいですね」と目標を語る。

 ○…現在は、男性ボランティア会議のメンバーとして活動する他、多摩地域の伝統具「めかい」の伝承活動や、要約筆記サークル、パソコンボランティア多摩などで活動するなど多忙を極める。健康維持のために昨年からスポーツ吹矢にも挑戦。練習用の道具は自前で作ってしまい「また変なものを作ってと妻に怒られた」と苦笑い。「過去は振り返らない。今やりたいことを一所懸命やりたいですね」。これからも多忙の日々は続きそうだ。

関連記事powered by weblio


多摩版の人物風土記最新6件

永瀬 嘉平さん

10月から桜美林大学多摩アカデミーヒルズで生涯学習講座の講師を務める

永瀬 嘉平さん

9月21日号

荒木 喜美子さん

9月16日・17日に開催される「永山フェスティバル」の実行委員長を務める

荒木 喜美子さん

9月7日号

橋本 正晴さん

「ワールドキャンパス多摩」の会長を務める

橋本 正晴さん

8月24日号

加藤 晃章さん

多摩市国際交流センターの理事長に就任した

加藤 晃章さん

8月3日号

平 清太郎さん

桜ヶ丘商店会連合会の会長に就任した

平 清太郎さん

7月20日号

石田 健太郎さん

多摩大学フットサル部に所属し、U-20日本代表としてアジア選手権に出場した

石田 健太郎さん

7月6日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「字幕作り入門」参加者募集

「字幕作り入門」参加者募集

10月7・8日、ベルブ永山で

10月7日~10月8日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク