多摩版 掲載号:2017年4月20日号

旧富澤家住宅、襖絵を特別公開 文化

入場無料 5月21日まで

襖絵「深山白鷹(みやまはくよう)」ほか4面
襖絵「深山白鷹(みやまはくよう)」ほか4面

 18世紀後半に建築された連光寺の名主の家を多摩中央公園に移築、多摩市の文化財として保護公開されている旧富澤家。明治天皇をはじめ皇族が兎狩りなどに行幸した際「御小休所」として利用された由緒ある家で、市内で唯一、入母屋造りの式台付玄関のある建物としても知られる。

 今回4月22日(土)から5月21日(日)までの日程で、幕末から明治の旧富澤家襖絵を特別公開。また、同家で使用していた手鏡や食器など江戸期から明治頃の収蔵品の常設展示も観覧することができる。入場無料。開館時間は午前9時半から午後4時半まで。なお、5月17日(水)、18日(木)は休館。

 詳細は多摩市教育振興課【電話】042・338・6883へ。
 

旧富澤家の襖絵特別公開

2017年4月22日〜2017年5月21日

9:30開始 〜 16:30終了

東京都多摩市落合2-35

費用:無料

問い合わせ先:多摩市教育委員会教育振興課

TEL:042-338-6883

多摩版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

気分はもう古代人

気分はもう古代人

埋文センターで縄文体験

5月3日~5月4日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/