多摩版 掲載号:2017年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

過去2番目の来場者数に 経済

「ピューロランド」180万人突破

(C)2017 SANRIO CO., LTD.
(C)2017 SANRIO CO., LTD.

 (株)サンリオエンターテイメントは3月31日、多摩市を代表するテーマパーク「サンリオピューロランド」の2016年度の来場者数がオープン初年度の195万人に次いで2番目となる180万人を突破したことを発表した。

 1990年12月に開設された同施設。オープン初年度に来場者数195万人を記録するも、2009年度は108万人まで減少したが、2013年にサンリオキャラクターの世界観を体感できるエリア「サンリオタウン」をオープンさせたことをきっかけに来場者数が右肩上がりに。夏祭りやハロウィーンなどの季節に合わせたイベントを開催するなど新しい企画を展開することで、これまでの主な客層だったファミリー層に加え、大人の女性同士や若年層の来場数が増え始めたという。

 さらに、2015年度には25周年を記念したパレード「Miracle Gift Parade」の上演をスタート。宝塚歌劇団とコラボしたミュージカルや初となる男性俳優のみが出演するミュージカルなど独自の企画を展開し、昨年度、オープン初年度に次ぐ来場者数を記録した。

 同社広報マーケティンググループでは「海外からの観光客も増えているが、20代・30代のお客様が増えた。この1年でというよりもこれまでの積み重ねで180万人を突破することができた」と要因を話す。

 現在は、人気キャラクター・シナモロールのデビュー15周年を記念したエリアをオープンし、イースターにちなんだイベント「ピューロイースター」も開催中。「昨年よりもバージョンアップした夏向けのイベントを検討している。これからもより多くの方々に愛されるテーマパークを目指し、様々な企画を実施していきたい」と話している。
 

関連記事powered by weblio


多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「まち撮り」でMAPを製作

「まち撮り」でMAPを製作

10月21日から「わがまち講座」

10月21日~12月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク