多摩版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

パルテノン多摩で開催した「青空音楽療法&青空体操教室」の発起人を務める影近(かげちか) 卓大(たくだい)さん永山在住 30歳

誰もが楽しく過ごせる地域に

 ○…「障害のある子どもでも地域に溶け込みながら生活してほしい」という思いのもと、仲間たちとともに10月22日に「青空音楽療法&青空体操教室」をパルテノン多摩で実施した。「台風で一人も来てくれないと思った」と苦笑いするも、障害のある子どもやその家族ら30人が参加。音楽療法や体操などを楽しんだ。「今後も仲間や地域の協力を仰ぎながら、継続していきたい」と笑顔で話す。

 ○…北海道出身。身内に障害児がいたこともあり、高校の時に「障害のある人たちを支える仕事をしたい」と理学療法士の道を志す。仙台の専門学校で資格を取得し上京。町田市で訪問看護、高齢者のデイサービスを営む会社に勤務し、2年前に永山で仲間と合同会社を設立した。訪問看護ステーションを立ち上げ、今年4月に重症心身障害のある子どもたちのデイサービスを開設。代表社員、理学療法士として、地域を走り回っている。

 ○…多摩に来てから2年。緑が多く、地域の雰囲気が好きだという。以前、デイサービスの子どもたちを地域の祭りに連れていった際、周囲の人たちに優しく接してもらった。そうした温かさにもふれ「多摩に来て良かった」と実感する。一方で医療的ケア児の居場所はまだまだ少ないとも感じている。地域の事業者同士のつながりが広がりを見せている中で、それをどう地域に落とし込み、地域の底上げを図るか。「我々若い世代で盛り上げ、まちづくり、地域づくりに寄与していきたい」と志は高い。

 ○…「障害のある人もそうでいない人も、歳をとっていてもいなくても楽しく過ごせる地域が理想ですよね」と夢を語る。今回のイベントもそのきっかけのひとつとして企画したものだ。「専門職の従事者として更なる勉強を重ねつつ、何かあればアドバイスできる存在になりたい」と目標を語る。フットワークの軽さを活かし、これからも地域のために走り続ける。

多摩版の人物風土記最新6件

宿谷(しゅくや) 佳奈路(かなみ)さん

オカリナ奏者として10月に行われたハートフルコンサートに出演した

宿谷(しゅくや) 佳奈路(かなみ)さん

11月16日号

小川 真由美さん

永山団地名店会の「秋祭り」で実施された「車椅子卓球体験会」の指導を行った

小川 真由美さん

10月19日号

山田 証さん

10月8日に旧多摩聖蹟記念館で開催される「音楽の集い」に出演する

山田 証さん

10月5日号

永瀬 嘉平さん

10月から桜美林大学多摩アカデミーヒルズで生涯学習講座の講師を務める

永瀬 嘉平さん

9月21日号

荒木 喜美子さん

9月16日・17日に開催される「永山フェスティバル」の実行委員長を務める

荒木 喜美子さん

9月7日号

橋本 正晴さん

「ワールドキャンパス多摩」の会長を務める

橋本 正晴さん

8月24日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「多摩で子育て」魅力語ろう

大妻女子大学主催

「多摩で子育て」魅力語ろう

ワークショップ参加者募集

12月2日~12月2日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク