多摩版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

初のネーミングライツ導入「総合福祉センター」が対象

社会

1997年に建てられた同センター
1997年に建てられた同センター
 多摩市は現在、「多摩市総合福祉センター」のネーミングライツ(命名権)のスポンサーを募集している。

 市では、安定的な財源を確保し、持続可能な施設の管理運営を目指して、市内の公共施設で初めてネーミングライツを導入。市行政管理課によると「体育館や陸上競技場なども候補にあがったが、今後改修の予定がありそれが終わり次第検討する。福祉センターは1997年に建てられ改修も進んでいるため、今回対象となった」と話す。

 命名にあたっては、スポンサー企業の名称や、商品名、ブランド名などを使用することができる。ただし、名称に必ず「福祉」という文字を使い、また15文字以内であることが条件。命名権にあたっては、年額100万円の3年契約となる。

 応募締切は、11月13日(月)(必着)。募集要項は11月8日(水)まで市役所4階福祉総務課、総合福祉センター3階事務室で配布中。市HPからもダウンロード可。

 詳細は市福祉総務課【電話】042・338・6839へ。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「多摩で子育て」魅力語ろう

大妻女子大学主催

「多摩で子育て」魅力語ろう

ワークショップ参加者募集

12月2日~12月2日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク