大和版 掲載号:2017年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

明快ナットク!

橋本弁護士に聞く法律事務所

vol.1「相続遺留分の権利行使期間」

 Q、一昨年12月に死亡した父の遺言書を今年になって兄が見せました。財産は全て兄に相続させると書かれていますが私は遺産を相続できないのでしょうか?

 A、民法では遺言による財産の自由処分に制限をかける「遺留分」の権利を認めています。具体的には、死亡した人の配偶者、子供が相続人の場合は法定相続分の2分の1、親だけが相続人の場合は3分の1について、各相続人は遺言に関らず遺産を取得できます。遺留分の権利行使は1年以内となっていますが、これは相続開始後に遺留分相当の遺産を取得できないことを知った時からなので、ご質問のように1年以上経過していても、その時初めて遺言の内容を知った場合は権利を行使できます。

橋本法律事務所

横浜市中区太田町1‐4‐2 関内川島ビル7F

TEL:045-664-4178

http://hashimoto-law.com/

大和版のピックアップ(PR)最新6件

林家三平さんの「笑いと人生」

「税を考える週間」記念講演会 大和法人会

林家三平さんの「笑いと人生」

10月20日号

「地域と繋がるお祭りです」

相模女子大学の相生祭は…

「地域と繋がるお祭りです」

10月20日号

迫力の山車が集結

南足柄市

迫力の山車が集結

10月13日号

話題の「個人型確定拠出年金」を知る

無料セミナー

話題の「個人型確定拠出年金」を知る

10月6日号

今こそ望む、我が子の結婚

築年数問わず即金買取り

不動産の売却

築年数問わず即金買取り

10月6日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク