大和版 掲載号:2017年3月17日号

芸道50年を記念した発表会を3月18日にシリウスで行う花泉流の家元

花泉 幸(本名 青木 幸江)さん

市内大和南在住

舞が花添う半世紀

 ○…発表会を間近に控え「ここまで来たら早く終わりたい」と打ち明けた。舞台前の緊張感は、芸道50年を迎えても変わらない。これまで生涯学習センターを満席にしていた発表会は舞台をシリウスに移して初の開催。「新しい場所でできる嬉しさと心配が交錯する」とこちらも本音がこぼれた。

 ○…川崎の溝の口生まれ。小学2年の時に大和へ。南大和小学校最後の卒業生だ。日舞を踊る同級生に「一緒に」と誘われたのが6年生の時。両親に打ち明けると、厳しかった父が「芸は身を助ける」と応援してくれた。中学で藤間流、高校に入って花柳流の師匠のもとで稽古、卒業後は1年間の内弟子も経験し、二十歳で名取になるとすぐに弟子がついた。

 ○…花柳流から1文字、大和の「泉の森」から1文字を取り、2000年に新日本舞踊「花泉流」を立ち上げ、家元となった。「自分が振付を考え、創作し、表現する」ことに不安もあったが、弟子が踊る姿を見て、少しずつ自信となった。振付創作のヒントは色々なところにある。サスペンスドラマなどで舞妓さんが出るとその所作などに見入ってしまう。横浜の大衆演劇では、その衣装や男性が演じる女形の姿に刺激を受ける。50年の芸歴を重ねても日々勉強の毎日だ。弟子を迎えての稽古は朝から晩までぶっ通し。さらに出稽古や発表会などもあり、ハードワークだ。ただ「嫌でも首を振ったり、片足で立ったりするのは、健康の源ですよ」と事も無げに笑った。

 ○…今回は小学1年生と5歳の孫姉弟の初舞台でもある。実の息子さんは2人とも「踊りを教えるお母さんは怖い」と敬遠されただけに「自分から興味を持ってくれた」と目を細めた。いよいよ明日に迫った記念の発表会。「舞台は魔物」と気を引き締める。どんな時でも平常心を忘れず、「行ってくるから。無事に終わるように見守って」と踊りの世界に導いてくれた両親に祈って舞台に立つ。

関連記事powered by weblio


大和版の人物風土記最新6件

千葉 康夫さん

バンコクに生息するオオトカゲの写真を撮り続け、シリウスで写真展を行った

千葉 康夫さん

8月4日号

小寺 卓矢さん

現在、北海道を拠点に森林風景を撮影する写真家・写真絵本作家の

小寺 卓矢さん

7月28日号

桑原 玲子さん

大和商工会議所異業種交流会の新会長に就任した

桑原 玲子さん

7月14日号

渡辺 武さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

渡辺 武さん

7月7日号

石渡 真修さん

tvk番組「猫のひたいほどワイド」の火曜レギュラーとして「猫の手も借り隊」レッドを務める

石渡 真修さん

6月30日号

渡辺 博士さん

一般社団法人神奈川県ファイナンシャル・プランナーズ連合会大和支部支部長を務める

渡辺 博士さん

6月23日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/