大和版 掲載号:2017年3月17日号

大和南高ダンス部

いざ、世界大会へ スポーツ

米国に向け、22日出発

世界大会に臨む部員たち
世界大会に臨む部員たち
 神奈川県立大和南高校(内藤通昭校長)ダンス部が、今月23日から米国カリフォルニア州アーバインで開催される世界大会「ミスダンスドリルチームインターナショナル in USA 2017」に日本代表として出場する。

 大和南高校ダンス部(顧問・黒田紫(ゆかり)教諭)は昨年7月に行われた「全国高等学校ダンスドリル選手権大会」のヒップホップ男女混成部門スモール編成に出場、3位となり世界大会の出場権を獲得した。

 3月23日から米国で開催される世界大会には、2年生1人、1年生5人の6人が出場。全国大会後からの8カ月間は、ヒップホップだけでなく、あらゆるダンスジャンルの基礎を学ぶなど、全体の底上げを図ってきた。部員たちは「チームをより良く変えられるチャンスと思って、この機会を活かしたい。いい成績を残せれば」と意気込みを語る。

地元企業らが支援

 今回、生徒6人と教諭1人の7人が米国へと向かうが、交通費や宿泊費など、遠征にかかる費用は総額で約200万円かかるという。内藤校長は「生徒たちは学校、そして日本の代表として大和南の名前を背負って世界大会に出場してくれる。なかなかこういうチャンスはないので」と、様々な会合などに出席し、寄付を呼びかけた。

 それに対し、地域の学校や生徒たちを支援しようと18の地元企業や団体、個人などが応じ、遠征費を寄付した。「地元の高校を応援しようということで、こんなにたくさんの人たちが協力していただき、ありがたい」と、内藤校長は感謝を述べる。生徒たちも「皆さんに協力していただき、行くことができる。感謝の気持ちを持って、いいダンスを披露したい」と話した。

関連記事powered by weblio


大和版のトップニュース最新6件

シリウス来館者200万人突破

基地返還、移駐に動き

市内2選手が世界へ

デフリンピック

市内2選手が世界へ

7月14日号

日本代表として国に提言

ガールズ20サミット

日本代表として国に提言

7月14日号

「住みよい街」にタッグ続々

進む「草の根」高齢者ケア

福田北地区

進む「草の根」高齢者ケア

7月7日号

関連記事(ベータ版)

大和版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/