大和版 掲載号:2017年5月12日号

(PR)

「セラミックで白い歯に」

桜ヶ丘 くぼくら歯科医院

治療方針を伝える黒岩院長
治療方針を伝える黒岩院長

 地域住民の歯の健康を長年にわたり支援してきた、桜ヶ丘駅徒歩1分の好立地にある『くぼくら歯科医院』。一般歯科、小児歯科、矯正、インプラントと治療の幅の広さが特徴といえる。

 その同院で最近増えている相談が「セラミック」だ。

虫歯を治療する際、削った歯に金歯や銀歯を被せるのが従来の手法だが、自歯と同様の形状にできるセラミックは、被せた後も”白い歯”という審美性が保てる。このほか、歯と強固に接着する性質を持つことから、「また銀歯が外れた……。歯医者に行かなきゃ」という煩わしさから離れられる。

最短1日で終了

  同院の治療の流れはこうだ。歯を削った後、3Dのビデオカメラでスキャンし、それをもとにコンピューターでセラミックの歯(修復物)を設計する。そのため、従来の粘土を口に含んで行う型取りの苦しさとは無縁だ。設計されたセラミックは、院内に設置される特殊機器で加工・作製され、完成となる。この一連の治療が最短で1日でできる。

 黒岩功院長は「通院回数を減らしたい方、銀歯をやめて白くてきれいな歯を希望する方、金属アレルギーのある方などにご利用して頂ける治療法です。天然歯とほぼ同じ強度を持つため、嚙み心地も自然」とし、「当院では、肉眼では見えない部分まで「診る」歯科治療を可能にするマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)なども導入し、患者様のご期待に応えています」と話している。
 

くぼくら歯科医院

大和市福田5529

TEL:046-267-2104

http://www.kubokura-dc.jp/contact

大和版のピックアップ(PR)最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

好きな絵に「一票」

好きな絵に「一票」

29日から やまと国際アートフェスタ

9月29日~10月1日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク