大和版 掲載号:2017年6月9日号

南林間

地域の「居場所」オープン 社会

常設コミュニティカフェ

多くの人が訪れたお披露目会
多くの人が訪れたお披露目会
 人間関係が希薄になり、孤独死などが社会問題となる中、その解決をめざして、地域の人たちが集まれる居場所づくりを目的とするコミュニティカフェ。

 南林間に6月1日、常設のコミュニティカフェがオープンした。子どもから高齢者まで様々な世代の地域住民が集い、食事をしながら互いに子育てや介護、仕事などの悩みを相談したり、新しく人と人とをつなぐ地域のハブ拠点としての役割が期待されている。

 南林間の一条通り沿いにオープンしたのは、「マチツナガル あかり食堂」(【電話】046・272・5778)。カウンターとテーブル席のほか、畳敷きの小上がりもあり、小さな子ども連れの人なども食事を取りやすい工夫がされている。また、スクリーンとプロジェクターも設置されており、地域の人や団体などが会議や会合などで利用することも可能になっている。

 オープン前日には、関係者など向けのお披露目会が催された。地域住民のほか、近隣の高齢者や障害者支援施設のスタッフなども同店を訪れ、食事をしながら今後の利用や連携などについて会話を交わしていた。

1年かけ構想

 今回のオープンに向けては、約1年前にはその構想が始まっていた。

 2016年6月には、高齢者地域密着型サービス施設「ゆらり大和」野間康彰施設長の呼びかけで、「大和にコミュニティカフェを作る会」が発足した。「気軽に行けて、他の人には話しにくいことも言えるような信頼できる場所」「子ども、障害のある人、高齢者をはじめ、どんな人でも当たり前に受け入れることができる場所」などをめざし、8月には西鶴間の店舗を1日借りて「いちにち食堂」というモデル事業を実施。地域でのコミュニティカフェの重要性を改めて認識したことが、今回の開設のきっかけとなった。

 カフェには今後、教室や講座などができる会議スペースが整備されるほか、運営法人グループが同じ建物内に訪問看護・介護ステーションをオープンさせる予定。「どんな困りごとも皆さんと共に考えていける場所」を理念に、住み慣れた場所で『ゆりかごから人生の終わりまで』を過ごせるための拠点をめざす。

関連記事powered by weblio


<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

OB・根岸英一さんも参列

心肺停止の生徒救う

大和商業

心肺停止の生徒救う

6月23日号

藤井プロに続け

藤井プロに続け

6月23日号

「シリウスで勉強」人気

文化の恒星を行く1

「シリウスで勉強」人気

6月23日号

受賞作決まる

受賞作決まる

6月23日号

五感で楽しむ芸術祭

小倉隆夫後援会事務所

大和市下鶴間2907-1 TEL:046-274-7877

http://ameblo.jp/san-taka00

<PR>

関連記事(ベータ版)

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オオトカゲに魅せられ

オオトカゲに魅せられ

6月30日から シリウスで写真展

6月30日~7月4日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/