大和版 掲載号:2017年6月16日号

相模鉄道

新型車両を導入 社会

都心直通用「20000系」

ヘッドライトが特徴的(イメージ)
ヘッドライトが特徴的(イメージ)
 相模鉄道(株)(本社・西区/滝澤秀之社長)は、相鉄グループが創立100周年を迎える2017年12月に新型車両「20000系」を導入する。新型車両を導入するのは9年ぶり。

 同車両は2022年度下期に開業予定の相鉄・東急直通線の車両として使用される。昨年導入された9000系リニューアル車両に続き、新たな相鉄線のイメージカラーである濃紺色(ヨコハマネイビーブルー)の外装や、落ち着きのあるグレー色を基調とした内装、時間帯で色調が変化する調色調光式LED照明を採用。また、相鉄線初の仕様として、立ち座りの負担を減らすユニバーサルデザインシートを優先席に導入するほか、ベビーカーや車いす用のフリースペースを全車両に設置するという。

 同グループではブランドイメージと認知度向上を図るため、「デザインブランドアッププロジェクト」に取り組む。「安全×安心×エレガント」というデザインコンセプトのもと、駅や車両、制服などのデザインリニューアルを行っており、今回の車両もその一環。

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/