大和版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

白衣の天使夢見て 社会

市立病院で一日看護体験

真剣な表情で看護師の説明を聞く生徒たち
真剣な表情で看護師の説明を聞く生徒たち
 大和市立病院(五十嵐俊久院長)で7月26日、看護職を目指す市内在住・在学の高校生を対象に「一日看護体験」が実施された。看護の仕事への理解を深めてもらうことを目的に1991(平成3)年から毎年、夏休み期間中に実施されており、今年で27回目。

 この日は、16人(男2人・女14人)の高校生が参加。白衣に着替えた後、2〜3人のグループに分かれ、「内科」「外科」「小児科」「産婦人科」などの病棟に配置された。看護師から「自分が感染の媒介者とならないよう手洗いはしっかり」「患者さんを間違えないよう確認はフルネームで」などアドバイスを受けた高校生たちは、入院患者の体位変換や車いすの介助などを真剣な表情で取り組んでいた。小児科病棟に配置された小山凛香さん(2年生、16歳)は「看護師の仕事に興味があって応募した。大変だけれど、やりがいのある仕事だと思う」と話していた。

関連記事powered by weblio


大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

画家はなぜ長生きか

第19回美術講演会

画家はなぜ長生きか

10月19日(木)シリウス1階

10月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク