大和版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

アプリ活用で消防力強化 位置特定に電柱の番号使用

社会

「大和原413」、「鶴間台603」などそれぞれの電柱についた管理番号。これで位置が特定できる
「大和原413」、「鶴間台603」などそれぞれの電柱についた管理番号。これで位置が特定できる
 大和市は8月1日から、位置情報が表示されない携帯電話からの119番通報に対し、電柱の管理番号から位置情報が特定できるアプリの活用を開始した。災害場所をより早く特定し、急行できるようにすることが狙い。

 アプリは、もともと東京電力が電柱の維持管理に携わる事業者向けに開発されたシステム。大和市がこのシステムを緊急通報の位置情報特定に使用したいと同社に打診し、使用が決まった。導入費用は初期導入費が1500円、年間使用料が1万8000円。

 市内には1万9000本の電柱があり、それぞれに固有の番号がついている。位置情報の表示されない携帯電話から通報を受けた場合、署員が近くの電柱の番号を読み上げるよう誘導することで、土地に不慣れな人などからの通報でもいち早く場所を特定することができる、としている。

 大和市は、今年1月に東京電力パワーグリッド(株)相模原支社と通電火災防止に関する協定を結んでおり、「以来、顔の見える関係ができている」(大木哲市長)ことから実現に至った。このシステムを当初の目的以外で使用するのは、東京電力管内では初めての取り組みだという。

 大和市消防本部によると、2016年にあった1万5410件の通報のうち、約半分の7494件(48・6%)が携帯電話から。うち消防指令装置に位置情報の表示されない通報が200件ほどあった。電柱管理番号などに関する問合せは消防本部指令課【電話】046・260・5775。

隊員が撮影画像で可視化

 このほか大和市では、5月に発足した「消防ファットバイク隊」が360度撮影できるカメラを装着し、道路の映像を撮影。市内に1346カ所ある消火栓の位置などが、グーグルマップのストリートビューのように映像で見られる仕組みを年度内にも運用させる。

大和版のトップニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「笹倉」でギター演奏

「笹倉」でギター演奏

1月20日 事前申込制

1月20日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク