大和版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

「ちはやふる」攻防に釘付け競技かるたを体験

文化

松林顧問が朗々と読み上げる刹那、畳を叩く音が響く
松林顧問が朗々と読み上げる刹那、畳を叩く音が響く
 東京五輪を前に、国内で行われている文化プログラムの一つとして8月26日、大和スポーツセンター体育室で「百人一首競技かるた」の体験が行われた。

 文化プログラムとは、五輪開催国が大会開催までにその国の文化を国内外に発信しながら、機運を高めていく事業。大和市では、この文化プログラムの認知度向上と市内での開催推進を目的に、全日本かるた協会さがみ野会の協力を得て「百人一首競技かるた」の体験会を企画した。

 この日は、同会顧問で9段の段位を持つ松林健さんが、子どもたちに百人一首を早く覚えるコツなどを伝授。また、同会の会員たちが裃を付けた正装で競技かるたの実演を行った。

 松林顧問が札をすべて読み上げないうちに、畳の上の札を勢いよく飛ばして札を取る会員たち。その素早さに、体験者の視線は釘付けになっていた=写真下。実演終了後は、参加者全員で坊主めくりなど、簡単なカルタ遊びを体験、百人一首の面白さに触れた。

 さがみ野かるた会では、9月につきみ野学習センターで入門講座を開講する。日時は9月10日、17日、24日の各日曜日、午前9時30分から正午。会費無料。問合せは同センター【電話】046・275・0088。

大和版のローカルニュース最新6件

11/12家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

大和版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マリノスケと遊ぼう

マリノスケと遊ぼう

11月19日 中央1号公園

11月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク