大和版 掲載号:2017年9月8日号

米海軍空母艦載機

厚木基地で着陸訓練 社会

2012年以来、5年ぶり

ゆとりの森上空を飛ぶ艦載機=2日撮影
ゆとりの森上空を飛ぶ艦載機=2日撮影
 厚木基地を使った空母艦載機による陸上空母着陸訓練が9月1日から連続して行われた=9月5日起稿。厚木基地を使っての陸上空母艦載機着陸訓練は2012年5月以来5年ぶり。

 大和市には1日、防衛省から緊急の訓練であり、硫黄島での着陸訓練が台風の影響でできないことから、1日から6日まで(3日を除く)、厚木基地で訓練を実施する旨、連絡があったという。

 訓練機は、空母ロナルド・レーガン艦載固定翼機の全機種(FA─18E、FA─18F、EA─18G、E─2D、C─2A)。1日は午後3時から約3時間、翌2日は朝8時前から約8時間にわたって着陸訓練が行われた。

 滑走路の北端から約1Km地点の住宅地で70デシベル・5秒以上の継続音を測定したのは、1日が77回、2日は223回、4日は165回を数えた。

 発表を受け、大木哲市長は、厚木基地及び外務省、防衛省を訪れ、在日米海軍厚木航空施設司令官マック大佐、河野太郎外務大臣、小野寺五典防衛大臣に対し、市民生活への影響を考え、全ての着陸訓練を硫黄島で実施するよう直接要請。2日には、厚木爆同、第5次厚木基地爆音訴訟団などが基地前で抗議活動を行った。

 折しも3日には、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が核実験を行うなど、緊迫の度合いが増す中での訓練となった。

 問合せは市基地対策課【電話】046・260・5310。

関連記事powered by weblio


大和版のローカルニュース最新6件

RUN伴がやってくる

ハイタッチでランナーを応援!

RUN伴がやってくる

9月15日号

宣言1年を迎えて

県人会連合会が寄付

「認知症の世界」を認知する

累計1万人を突破

予防策は餃子作り!?

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/