大和版 掲載号:2017年9月8日号

音声受験で司法試験合格 田園RC

「どうすればできるかを考える」 社会

菅原崇さんが講演

自身の経験を語る菅原さん
自身の経験を語る菅原さん
 北京飯店で8月25日に開催された大和田園ロータリークラブ(栗城博会長)の例会で、重度障害を負いながら司法試験に合格し、弁護士として活躍する菅原崇さんが講演を行った。

 栗城会長による紹介の後、菅原さんは不自由な手でパソコンを操作し、スクリーンに資料を映しながら、語りだした。

 菅原さんは大学の食品生産科学科卒業後、明治乳業(株)(現・(株)明治)に入社し、「明治おいしい牛乳」をはじめ数々のヒット商品を生み出すなど活躍。しかし、車にはねられて頸髄を損傷し、肩から下はほぼ自分の意志で動かせなくなった。その後、「やるからには社長をめざす」意気込みで働いていた大好きな会社を、「業務遂行ができない」という理由で辞めざるを得なくなったという。

 一時は死も意識したという菅原さんは、「障害を負って絶望した経験があり、人の痛みが分かる」と弁護士をめざし、司法試験への挑戦を開始。法科大学院に進む一方、本来記述式の司法試験で音声認識ソフトを使っての記述解答を認めるよう折衝を重ねるなどした。そして1回目の受験で合格し、音声受験で日本初の合格者となった。現在は弁護士事務所に所属。弁護士業務の傍ら、執筆や講演活動も行っている。

 菅原さんは最後に「できない理由を挙げればきりがなかったが、どうすればできるようになるかを常に考えるようにしていました」と、自らの経験を基に発想の転換の大切さを語った。

関連記事powered by weblio


秋の西さがみを歩こう

11/18・19城下町おだわらツーデーマーチ開催 参加者募集中

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/sports/event/2daymarch.html

<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

RUN伴がやってくる

ハイタッチでランナーを応援!

RUN伴がやってくる

9月15日号

宣言1年を迎えて

県人会連合会が寄付

「認知症の世界」を認知する

累計1万人を突破

予防策は餃子作り!?

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/