大和版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

医療介護者セミナー 「専門職の”気づき”重要」 「みま〜も大和」が開催

社会

医療介護関係者に厚労省の野崎さんらが講演
医療介護関係者に厚労省の野崎さんらが講演
 地域の高齢者を、地域全体で見守り・支えあうネットワーク作りを行っている「みま〜も大和」(佐瀬睦夫代表)が11月20日、医療・介護関係者を対象にシリウスでセミナーを開催した。60人以上が集まったセミナーでは、「地域共生社会」に求められる考え方などが紹介された。

 セミナーでは、厚労省の野崎伸一政策統括官=写真=と全国に先駆け10年前に高齢者見守りネットワーク「みま〜も」を大田区(東京都)で立ち上げた澤登久雄さんが講演した。

 この日のセミナーで野崎さんは、自身の家族を例に挙げ、「少子高齢化・人口減少が突きつける構造転換は、特別な問題でなくなっており、地域共生のために『我が事』として社会参画することが重要」と提案。澤登さんは、支援が必要な人を個で支えるのではなく面で支える取組として、地域を巻き込んだ「みま〜も」を発足した経緯を紹介。「地域の誰もが主体的にかかわることで『気づき』のネットワークが生まれる」と活動の意義を語った。

地元・3社が共同のれん分け県内初

 「みま〜も大和」は今年7月、社会福祉法人県央福祉会(中央/佐瀬睦夫理事長)と薬樹(株)(西鶴間/小森雄太社長)、(一社)健康コンシェルジュ日本(大和東/藤田満穂理事長)の3社が共同で発足させた。事務局を務める藤田さんが、澤登さんの講演に感銘を受けたのがきっかけで、全国で6カ所目、神奈川県内では初の「のれん分け」だ。これまでに市民向けの健康講座を2回開催している。医療・介護関係者向けのセミナーを終え、佐瀬代表は「(今回のセミナーを通して)新しい地域づくりに参加してもらえれば」と話した。

 今後は2、3か月に1度のペースで市民向けに、半年に1度の割合で医療・介護関係者向けにセミナーなどを開催したいとしている。

 問合せは事務局【電話】046・259・9570。

挨拶をする佐瀬代表
挨拶をする佐瀬代表

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「笹倉」でギター演奏

「笹倉」でギター演奏

1月20日 事前申込制

1月20日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク