大和版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

老人クラブへの貢献で県高齢者福祉関係功労者表彰を受けた 齋藤 武志さん 市内柳橋在住 85歳

クラブ活動が若さの秘訣

 ○…「ああ、85歳の顔だねぇ」。撮影した顔写真を確認するとポツリと呟いた。しかし、実際に会った人が持つ印象はおそらく全く異なるだろう。すらっと背筋が伸び、颯爽と歩く。はきはきと話す姿は「老人」という言葉は似合わない。そんな若々しい大和市老人クラブのトップリーダーが、長年にわたる老人クラブの活動に貢献した高齢者福祉関係功労者として県知事表彰を受けた。

 ○…2005年に柳橋地区の老人クラブ「きずなクラブ」の立ち上げに携わり、創設時から現在まで会長を務める。公園や公道ロータリーの花壇整備や美化活動、小学生の登下校時の安全指導で地域を支えるほか、スポーツや趣味のグループ活動、小旅行、カラオケ大会と、イベントが目白押し。「もともとこの地域に老人クラブはなかった。12年経ち、老人クラブの目的である地域の仲間で顔をあわせてお互いの活力にするということが形になってきている」としみじみと会の歴史を振り返る。

 ○…北海道の大工の家庭に、8人きょうだいの3番目の長男として生まれる。敗戦後、食べ物がない苦しい状況の中で、設計・建築の会社に就職。「当時は『働かざる者食うべからず』。戦中の義務教育を終えただけなのに会社は専門知識を教育してくれありがたかった」。仕事以外の楽しみだったのは、子どもの頃から好きな野球。「エースでカーブが得意だった。北海道予選どまりだったけれどね」と目を細める。23歳で転勤した福島で生涯の伴侶に出会い、31歳で大和に転勤。県内の大規模な工場、事業所の建築に携わった。

 ○…「明るく、楽しく、元気よく」がモットー。14年から大和市老人クラブ連合会の会長も務め、責任も大きいというが「楽しくなきゃ、やってられないし、ここまで続けていられない」。もっと多くの人が活動に参加してくれるよう、リーダー自身が率先して会を楽しみ、盛り上げていく。

大和版の人物風土記最新6件

近藤 清志 さん

(一社)大和歯科医師会の会長を務める

近藤 清志 さん

12月8日号

大橋 佳弘さん

大和市在宅医療・介護連携支援センターのセンター長を務める

大橋 佳弘さん

11月24日号

小川原 悟さん

公益社団法人大和綾瀬薬剤師会の会長を務める

小川原 悟さん

11月17日号

渡邊 ちょんとさん

シリウス1周年記念式典で墨絵パフォーマンスを披露した

渡邊 ちょんとさん

11月10日号

天野 宏一さん

大和ケアマネージャー連絡協議会の会長を務める

天野 宏一さん

11月3日号

児玉 勝道さん

脳出血で倒れ、重い後遺症と闘う落語家・林家かん平さんの落語会を開く

児玉 勝道さん

10月27日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「笹倉」でギター演奏

「笹倉」でギター演奏

1月20日 事前申込制

1月20日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク