ひまりちゃんを救う会同僚ら市内で募金呼びかけ心臓移植手術費用で

社会

掲載号:2016年8月26日号

  • googleplus
  • LINE
大和駅前で募金活度する支援者たち
大和駅前で募金活度する支援者たち

 心臓の難病を抱える森川孝樹さんの長女・陽茉莉(ひまり)ちゃん(1歳7カ月・横浜市在住)が米国で心臓移植手術を受けられるようにと、支援者らが募金活動を行っている。孝樹さんが勤める会社の支店が大和市内にもあることから、同店に勤務する同僚の澤田和也さんらが中心となり、大和駅前などで募金を呼び掛けている。

 陽茉莉ちゃんの病気は、拡張型心筋症。現在は昨年11月に取り付けた補助人工心臓で命を繋いでいるが、感染症などのリスクもあり、装着期限は基本的に1年程度とされている。

 助かるには心臓移植のほかに術がない中、両親はより可能性の高い米国での移植を希望。医療費などで2億9500万円が必要なことから「ひまりちゃんを救う会」が結成された。

 大和市内では、陽茉莉ちゃんと同じ心臓病で同じく東大病院に入院していた迫原大輝くんが7月に米国に渡り、心臓移植手術に成功している。澤田さんは「1日でも早く手術を受けさせてあげたい」と、支援を呼びかける。ホームページはhttp://himarichan.com/。

  • googleplus
  • LINE

大和版のローカルニュース最新3件

11/12家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>