海老名版 掲載号:2012年5月11日号

ボーイスカウトが主催する「わんぱくまつり わっしょい!」の実行委員長を務める

野呂 三佐子さん

河原口在住 44歳

何事も飾らない母

 ○…「『大事なことを頼まれる日になる』と今日の占いに出てました。この事だったんですね」と笑いながら取材に対応してくれた。市内のボーイスカウトが主催者となって、多くの人と交流を深めるイベントを企画した実行委員長。「子どもたちは子ども同士で外で遊ぶのが一番の勉強ですよね」

 ○…小学2年生の長男の入団がきっかけでボーイスカウトに関わるようになった。初めは一保護者として活動に携っていたが、ある時、男性メンバーから「野呂さんも企画の方をやってみたら」と依頼された。仕事や家事などに追われていたため、「フルタイムの仕事なんで」と返事。「オレもだよ」という答えに考え直し、やってみようと決意。気づけば娘と夫も仲間入りし、「ボーイスカウト家族」になっていた。「長男がヤンチャすぎて、集団行動ができるようにと入団させたんですけどね」と手を口に当てて笑う。

 ○…仕事は保健師。0歳から4歳までの子どもを持つ家庭を訪問。20年近くのキャリアで何千人もの話を聞きアドバイスをしてきた。「今では『野呂さんお願いします』と指名を受けることもあるんですよ」と誇らしげな表情。自身の子育てで忘れられない思い出は断乳。夜通し泣き止まない子に、母乳をあげたい思いとあげてはダメという思いの葛藤に頭を悩まされた。「人にアドバイスしてきたのに、自分でやってみると全然わかってなかったんだなって痛感しました」と当時を振り返り恥ずかしそうに笑う。

 ○…ボーイスカウトに出掛ける時の子どものお弁当はおにぎりを3つ。成長に合わせて、大きさを変えていくのが親子の触れ合い。中身にはチキンナゲットやとんかつなど、「面白メニュー」を仕込んでおくことが楽しみ。「忙しかったり、面倒な時もあるけれど、とにかく子どもたちに手を掛けていきたい。それが自分のできること」。原動力は親心で満ち溢れている。
 

海老名版の人物風土記最新6件

杉崎 賢二さん

「えび〜にゃさいだぁ」を開発・製造する合同会社えびくらの代表社員を務める

杉崎 賢二さん

1月20日号

八木 正志さん

北海道苫小牧市の公用車となった「福祉バイオトイレカー」を発明した

八木 正志さん

1月13日号

牧田 朋子さん

2017年海老名市成人式実行委員会の委員長を務める

牧田 朋子さん

1月6日号

今泉 直人さん

「(公社)海老名青年会議所」(海老名JC)の第37代理事長に就任した

今泉 直人さん

1月1日号

岡村 有香さん

海老名市消防団で初の女性団員として活動する

岡村 有香さん

12月16日号

武井 哲也さん

海老名市園芸協会「苺部会」の会長を務める

武井 哲也さん

12月9日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/