海老名版 掲載号:2014年3月21日号

温故館

絵図で見る江戸の海老名

3月23日には展示解説も

田畑や山、道路、河川、寺院、屋敷などが簡略な形で描かれている「杉久保村絵図」(天保7〔1836〕年)[海老名市提供]
田畑や山、道路、河川、寺院、屋敷などが簡略な形で描かれている「杉久保村絵図」(天保7〔1836〕年)[海老名市提供]
 江戸時代に描かれた「絵図」を公開する企画展が3月15日から相模国分寺跡西側の温故館(国分南1の6の36)で始まった。同館や市立歴史資料収蔵館が所蔵する「村絵図」を中心に約20点が展示されている。

 道や田畑、寺社など地域の景観を平面に簡略化した絵図は、現在でいえば「イラストマップ」のようなものだ。江戸時代には領主が支配領域の把握を目的に村の絵図を作らせた。

 海老名市域ではこの時代の絵図が比較的多く残されており、下今泉村、上郷村、河原口村、望地村、中新田村、杉久保村、上河内村、本郷村、門沢橋村の「村絵図」の現存が確認されている。

 企画展では市が所蔵し、保存・修理を終えたものを中心に中新田、上河内、杉久保、本郷の「近世村絵図」など約20点を公開。初日から多くの来館があり、関心の高さをうかがわせた。

 3月23日(日)には温故館の片山兵衛さんが展示物を解説する予定。申し込みの必要はなく、午後1時30分から。問合せは温故館【電話】046・233・4028へ。

歴史資料収蔵館ではきょう大型絵図公開

 旧杉久保村の高橋善治が模写した「相模国絵図」がきょう3月21日に歴史資料収蔵館(河原口2の27の3)で特別公開される。

 文政13(1830)年に書かれた畳2畳ほどの大型絵図で、相模国内の全村名、道、里程(距離)が詳しく描かれている。問合せは歴史資料収蔵館【電話】046・232・3611へ。

公開初日の15日、絵図を食い入るように見る来館者
公開初日の15日、絵図を食い入るように見る来館者

海老名版のトップニュース最新6件

学生家賃や奨学金返済に補助

海老名市

学生家賃や奨学金返済に補助

1月20日号

市内2校からスポーツ表彰

神奈川県

市内2校からスポーツ表彰

1月20日号

北海道苫小牧市に納車

優成サービス開発「トイレカー」

北海道苫小牧市に納車

1月13日号

改装して1年、満足度8割

市立中央図書館

改装して1年、満足度8割

1月13日号

農林水産大臣賞を受賞

武井いちご園

農林水産大臣賞を受賞

1月6日号

新体制で事業スタート

海老名商工会議所

新体制で事業スタート

1月6日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画から学ぶ中国現代史

映画から学ぶ中国現代史

22日、大学准教授の講演も

12月22日~12月22日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク