海老名版 掲載号:2017年1月1日号

相鉄海老名駅

新駅舎の準備工事始まる 社会

住民念願の北口新設も

新設される北口予定地の周辺
新設される北口予定地の周辺
 相模鉄道(株)がこのほど海老名駅の建て替え事業に着手し、新駅舎の建設に向け準備工事を進めている。周辺住民がかねてから要望してきた北口が開設されることとなり、北側エリアへの回遊性と利便性の向上が期待される。完成予定は2020年3月。

 今回の新駅舎建設は、施設の老朽化と、10年以上前からあがっていた北口設置を要望する周辺住民の声を受けてのもの。昨年9月に行われた住民説明会後から、準備工事が進められている。駅舎本体の工事は今年3月から開始される。

 現在の駅舎は地上2階建て(延べ床面積780平方メートル)だが、新駅舎には屋上が設けられ、延べ床面積が5千平方メートルに拡充される。1階のホーム部分には電車との接触事故防止のための「ホームドア」が設置され、2階には連絡通路や保育施設などが配置される計画となっている。また、北口に改札が1カ所新設されるほか、南口にも新たに1カ所追加されることとなる。

 予定される北口側に飲食店などを多く抱える海老名駅前商栄会の熊切正巳会長は「海老名駅に北口ができることは、近隣住民や商栄会メンバーが長年待ちこがれていたこと。商店街にも来店しやすくなるのではないか」とその効果に期待を寄せている。

海老名版のトップニュース最新6件

北海道苫小牧市に納車

優成サービス開発「トイレカー」

北海道苫小牧市に納車

1月13日号

改装して1年、満足度8割

市立中央図書館

改装して1年、満足度8割

1月13日号

農林水産大臣賞を受賞

武井いちご園

農林水産大臣賞を受賞

1月6日号

新体制で事業スタート

海老名商工会議所

新体制で事業スタート

1月6日号

さらなる発展へ

新春特別インタビュー

さらなる発展へ

1月1日号

賑わい際立つ1年に

海老名の2016年回顧

賑わい際立つ1年に

12月23日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

30周年の式典開催

30周年の式典開催

海老名JLC(ジュニアリーダーズクラブ)が参加呼び掛け

2月4日~2月4日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/