海老名版 掲載号:2017年3月10日号

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長を務める

高橋 毅さん

47歳

道を拓いた大胆な決断力

 ○…支部は海老名市を含む県央地区5市1町1村を管轄する。4年前の支部長就任当初は県内12支部で最も若い支部長として支部を束ねてきた。市が行う市民無料相談を、今季から海老名でも開設するなど、その役割を拡げ、存在感を増してきた。支部長の大役も2期目の第4コーナーを回り、いよいよゴールが近づいてきた。次の支部長に向けて「自分の好きなようにやってください」と笑顔でエールを送った。

 ○…生まれは東京の大田区。幼稚園の時に現在の横浜市泉区(当時戸塚区)に転居した。サラリーマン時代、学習塾の講師として高校受験の生徒たちを教えていたが、「夜が遅くキツイ仕事」だったことと、自分自身が勉強したい、との思いが強くなり退職することに。そんな折、偶然、夕刊の紙面で見つけたのが「社労士」の文字。「『社労士』がどんな仕事なのかすら知らなかった」当時。説明を聞いてみようと専門学校へ行くと、半年後の試験対策の講座が「今日から始まります」と告げられ、その日のうちに申し込んだ。翌年、2度目の挑戦で合格すると、すぐに開業した。人生の大きな岐路での大胆な決断力に驚かされる。

 ○…「同姓同名、読み方まで一緒の先生がいたので、やめた方がいいかな」と、自宅ではなく、以前勤めていて土地勘のある大和に事務所を開いた。開業したてのまだ仕事の少ない時期。当時の支部長が役所の臨時職員として、労働基準監督署の指導員の役を世話してくれた。多くの会社の相談を受けながら、自らの糧にした6年間。「今の大きな源になっている」と感謝の気持ちを口にした。

 ○…都内が実家のため、「故郷(いなか)がない」とぼやく。そのため郷愁を感じるべく月に1度は「鉄道や夜行バスを使って、ふらっと遠くへ」出かけるという。当てのない気ままな旅かと思いきや、「宿が取れないと困るので」行先はきっちり。そこの決断力もしっかりしていた。

海老名版の人物風土記最新6件

米川 僚一さん

海老名警察署の署長に就任した

米川 僚一さん

4月21日号

滝瀬 幸子さん

創設10周年を迎える「新日本舞踊 幸扇流」で家元を務める

滝瀬 幸子さん

4月14日号

梅田 尚嗣さん

海老名商工会議所青年部の会長に就任した

梅田 尚嗣さん

4月7日号

原田 修吾さん

「ザ・ウィングス海老名」の総支配人に就任した

原田 修吾さん

3月31日号

尾崎 聡さん

4月から認知症カフェを開催する「えびな脳神経外科」の院長を務める

尾崎 聡さん

3月24日号

佐藤 郁実さん

サザンオールスターズ等のバックダンサーとして活躍する

佐藤 郁実さん

3月17日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/