海老名版 掲載号:2017年5月5日号

ドット絵を描く「ピクセルアートデザイナー」としてフリーランスで活躍する

小野 浩さん

東柏ケ谷在住 59歳

一点入魂”Mr.ドットマン”

 ○…ナムコ(現・バンダイナムコエンターテイメント)に1979年入社後、『ゼビウス』『ギャラクシアン』『ギャプラス』『ファミスタ』など数々のゲームを担当した「ドット絵の匠」。ほぼ定年まで勤め、現在はフリーランスで活動している。同社の『アイドルマスター』や『テイルズ・オブ』シリーズのキャラクターのドット絵化、埼玉県主催『遊ぶ!ゲーム展』のメインビジュアルをデザインするなど活躍の場を広げている。

 ○…ナムコでは、グラフィックデザイナーとして製品ロゴやアーケードゲーム機の操作説明カードなどのデザインを手掛けながら、ドット絵に携わった。インベーダーブームでゲームに商材としての注目が集まり次第に比重が増していったが、前例もノウハウもなく試行錯誤するしかなかった時代。時には色粘土でキャラを自作し、実際の動きを観察したこともある。こうした仕事への姿勢からか、いつの頃からか「Mr.ドットマン」の愛称がついた。

 ○…東京都中央区出身。小3から国分寺市で過ごし、父の定年を機に相模原市に。この時に夫人と出会い結婚する。海老名には20年ほど前に越してきた。ドット絵の原点は、子どもの時に銭湯で見たタイル絵。「いつか自分で作るのが夢だったけど、知人のツテでこの前、タイルを分けてもらえて。完成した時は感動したよ。世には出せないやつだったけどね」と、笑う。

 ○…「限られたデータ容量や条件の中で、どう表現するかがドット絵の醍醐味」。ドットは置く位置が一つズレるだけで、表情や印象が変わるという。特徴を的確に捉えデフォルメ化する作業を、「引き算の美学」と表現する。今は地元である海老名や、隣の綾瀬など県央地域での活動も視野に入れている。「マス目をプリントしたTシャツとトートバックや、藤沢の人が開発した”プラモブロック”を使いドット絵を描くワークショップを開きたい」と意欲を覗かせた。

海老名版の人物風土記最新6件

鈴木 正美さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部県央支部の支部長に就任した

鈴木 正美さん

5月26日号

藤村 祐子さん

木下サーカスの団員として、現在開催中の横浜公演に出演している

藤村 祐子さん

5月19日号

香川 陽祐さん

増全寺の第三十九世住職に就任した

香川 陽祐さん

5月12日号

齋藤 惠美子さん

20周年コンサートを行う「ONEハート」の代表を務める

齋藤 惠美子さん

4月28日号

米川 僚一さん

海老名警察署の署長に就任した

米川 僚一さん

4月21日号

滝瀬 幸子さん

創設10周年を迎える「新日本舞踊 幸扇流」で家元を務める

滝瀬 幸子さん

4月14日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地元店舗として地域貢献

地元店舗として地域貢献

DIYやコーヒーの淹れ方など

5月28日~5月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/