海老名版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

「欅(けやき)ロータリー」大ケヤキを清掃 社会

24人のメンバーが参加

 社会奉仕団体・海老名欅ロータリークラブ(小林和彦会長)が4月27日、恒例行事である大ケヤキ周辺の清掃活動を行った=写真。

 この活動は、「大ケヤキ」が同クラブの名の由来でありシンボル的存在であることから実施されているもの。「汗をかく事業」として年2回行われ、15年間欠かさず続けられている行事だ。

 この日は24人のメンバーが集まり、雑草を取ったり、ほうきで周囲を掃くなどしてきれいにした。

 小林会長は「クラブの伝統行事のひとつなので、今後も続けていきたいですね」と話していた。

 同クラブは、地域への奉仕活動を行う団体として1996年に創立。以来、野球やミニバスといった少年少女のスポーツを支援するなど、地元・海老名での活動にも力を注いでいる。

関連記事powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク